□ブックタイトル


□執筆開始日
2010年03月07日

□カテゴリー
小説
 ドリーム

□概要


※作者が本編にいきづまった時の、逃避行専用の自己満小説です。




















木の葉が樹から離れて風に舞うように


種が枯れた花から飛び出すように


鳥の雛が巣から旅立つように


物語もまた、たまに本から抜け出していく……


そんな文章達の集まる秘密の話園に、貴女は迷い込んできた一匹の猫。




花と緑の優しい香りとそれから何か、貴女も誘われてみませんか??


小さな小さな妖精の語り手が、きっと貴女に読んでくれるはず。


優しい優しい、貴女のための物語。……素敵な唄も聴こえてくるでしょう…










ここが離れられないほど心地よくて、貴女は帰りたくなくなるかも…………しれませんよ?






(作者の戯言です。無視してください。)

□読者へのメッセージ
※作者が本編にいきづまった時の、逃避行専用の自己満小説です。




















木の葉が樹から離れて風に舞うように


種が枯れた花から飛び出すように


鳥の雛が巣から旅立つように


物語もまた、たまに本から抜け出していく……


そんな文章達の集まる秘密の話園に、貴女は迷い込んできた一匹の猫。




花と緑の優しい香りとそれから何か、貴女も誘われてみませんか??


小さな小さな妖精の語り手が、きっと貴女に読んでくれるはず。


優しい優しい、貴女のための物語。……素敵な唄も聴こえてくるでしょう…










ここが離れられないほど心地よくて、貴女は帰りたくなくなるかも…………しれませんよ?






(作者の戯言です。無視してください。)


[戻る]
[TOPへ]





カスタマイズ


©フォレストページ