短編集

□俺様兄貴と大切な約束
1ページ/8ページ

始業式はあまりにも強烈な印象で
私は、その後どうやって教室に帰って
どうやって寮まで帰ってきたのかすら覚えていなかった。

ベッドに横になり
ぎゅっと目を閉じた。

何でいるの?
お願い、家族を壊さないで…

私がベッドに横になっていると、ドアがノックされた。
3回のノック音。
これは彰範だって合図だった。

私は部屋のドアを開けると、彰範を部屋の中に招き入れた。


「大丈夫か?」


その言葉で、彰範は“知博さん=新任”ということを知ってるって、分かった。
私は正直に首を横に振った。

会いたくて、会いたくて、どうしようも無いくせに
会いたくない。

私はずっと矛盾する気持ちに悩んでいた。


「……お前に会いたいって…」


彰範は少し考えてゆっくりと話し始めた。
誰が。
なんて言ってない。
だけど、きっと知博さんなんだって分かった。
次へ  

[戻る]
[TOPへ]

[しおり]






カスタマイズ


©フォレストページ