短編集

□俺様兄貴とやっぱりバイバイ?
1ページ/12ページ

知博さんに想いが通じ合ってはじめての休日。
遊びに来ていたさちは彰範に連れて行かれて、私は知博さんと二人っきりになった。

「絵里子、おいで?」

知博さんが微笑んで両手を広げた。
それにちょっと躊躇ったけど、飛び込めばぎゅっと抱きしめてくれた。

「知博さん…」
「ん?」
「好きです。」

恥ずかしくて、目なんて見られない。
だけど、少しでも伝わって欲しくて、ぎゅっと抱きついた。

「当たり前だ。
俺の惚れた女が俺のこと嫌いになるわけないだろ?」

言葉は意地悪なのに
耳にかかる吐息は優しく
頬をすべる指も優しかった。

この時間が続けば良い。
そう願っていたのに








それは突然の事だった。
次へ  

[戻る]
[TOPへ]

[しおり]






カスタマイズ


©フォレストページ