†本棚U†



こちらは『ラビユウ』『ラビアレ』の本棚です




光の様に眩しくて

光の様に消えてしまいそうな君を

失いたくなくて


離したくなくて


思わず抱き締めると

腕の中で笑うその笑顔が一番、眩しくて………

表紙を開く

解説を読む

作者に感想を送る

[TOPへ]
[カスタマイズ]





カスタマイズ


©フォレストページ