小説

かつて現実世界の裏の世界といわれていた
『ミラクガルド』
そこにはユーザーといわれる現実世界の住民約173570人が
時には協力しあい、時には戦い傷つく事もあったが、それぞれ乗り越えてきた。

後に強き冒険者によって魔王オヤジーンが倒され次第に魔物は減っていき、ミラクガルドは発展していった。
しかし力を持て余している冒険者は次第と人間同士と争う事になる。
その裏では、新たな黒幕の登場が示唆されていた。
(仮)

表紙を開く

解説を読む

[TOPへ]
[カスタマイズ]





カスタマイズ


©フォレストページ