山崎烝の新選組日記

□我、新たな趣味に目覚める(!?)の事
1ページ/4ページ


某月 某日



俺は土方さんに呼び出された。
何やら監察方の仕事が入ったようだ。

副長の部屋へ入ると、中には難しい顔をした土方さんが腕を組んで座っていた。

(これは・・・・・ただ事ではないな・・・・)

密かに俺は気を引き締める。

「おう、山崎。お前をここに呼んだのは他でもねぇ。お前ぇにしか頼めねぇ仕事ができた」

「はい、承知しております」

俺が深々と頭を下げると、何故か土方さんはほっとした表情を見せた。

「そうか・・・・・では、頼んだぞ」

そう言って、一つの大きな風呂敷包みを俺の前に差し出した。

「・・・・・・・これは?」

「振袖だよ?」

突然障子が開き、ひょっこり沖田さんが顔を覗かせてきた。

何だってこの人は、副長に対してこんな不躾な事ができるのだろうか・・・・・
幼馴染みだからか?公私混同ではないだろうか・・・・。

などと考えていたが、ふと先ほどの沖田さんの言葉が引っかかり、俺は訝しげに沖田さんを見上げる。

「・・・・・振袖?」

「そうそう、今日は僕が相手なんだから、可愛くしてよね」

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
・・・・・・・・・・・・何だ?無性に嫌な予感がするんだが。

満面の笑みを浮かべながら沖田さんは、部屋に入って土方さんの横に座る。

「・・・・・・・・・・そういえば、聞いていませんでしたが、今回の任務とは・・・・・?」

「ああ、実はな。とある出会茶屋で、不逞浪士達が密かに会合を開いているらしい。そこで・・・・・・」

「ちょ・・・・・ちょっと待ってください。もしかして・・・・・・・」

「はははっ、やっぱり山崎君は察しが良いなぁ。そうだよ、そこへ僕と内偵へ行くんだよ」

やっぱりいぃぃぃぃぃいいぃぃぃぃぃいいいいい!!!!
どうりで、沖田さんがにやついていると思ったああぁぁぁあ!!!

「無理無理無理っ!!無理〜〜〜〜!!」

と言いかけた俺に、沖田さんの冷ややかな鋭い視線が刺さる。

「まさか・・・・・断るつもり?山崎君、監察方でしょ?変装は得意でしょ?」

いやいやいや、変装じゃなくて、女装だから!!!

「お言葉ですが、それは俺でなくても・・・・・・」

「そうは言っても、協力してくれるような女はいねぇし、まさか島田に頼む訳にもいかねぇだろう」

土方さんの言葉に、俺は凄まじい想像をして吐き気を催した。
確かにあのガタイの島田さんでは無理だ・・・・・。

「で・・・・では、藤堂さんは・・・・・・」

俺は藁にも縋るつもりで、幹部の一人を犠牲にしようとした。

「ああ、もう平助は昨日やったから。新八さんと」

沖田さんの一言に、あっけなく玉砕・・・・・・。
ううう・・・・・同情します。藤堂さん・・・・・・。

すると、沖田さんは今まで見た事のない程の真摯な表情で、項垂れる俺を正視した。

「山崎君。君は自分の矜恃と新選組の任務と、どちらを優先させるのさ。
 男にとって女装は恥だとでも思ってるの?それは監察方としては中途半端な腹構(はらがま)えだね。
 そんな事言ったら、歌舞伎の女形(おやま)を演じている男役者を馬鹿にしてるのと一緒だよ。
 彼らはそこら辺の女より、よっぽど色っぽい。
 しっかり職責を全(まっとう)している。
 平助だって、何だかんだ不平を言いつつも、ちゃんと任務としてこなしたよ?
 君はどうなのさ?山崎君」

沖田さんに畳み掛けられ、俺は折れた・・・・・・。

全くの正論だった・・・・・・・。
俺は下らぬ自尊心に固執し、大切な職務を蔑(ないがし)ろにしようとしていたのだ。
いつも飄々としていて、不真面目で軽薄に見えている沖田さんだが、やはり一番隊の組長をしているだけはある。

俺は猛省して、今回の任務に全身全霊をかけると誓った。



* * * *



「すっげー!山崎君!!」

「ほほう・・・・これは見事だな」

「こりゃ、やべぇな・・・・・」

「へぇ〜、ちゃんと女に見えるぜ」

「平助と良い勝負だね」

「勝負してねーよ!!」

藤堂さん、斎藤さん、永倉さん、原田さん、沖田さんが、別に必要もないのに俺の女装の姿を見にやって来た。

だが、褒められて嬉しくないはずはない。
俺の女装は完璧だ。新選組の監察方として、恥ずかしくないよう努力したのだから!!!
その辺りの女より、よっぽど綺麗になったはずだ!!

これで沖田さんも満足だろう。

いや、もう少し胸に詰め物をした方が良かっただろうか・・・・・?
振袖は、もっと淡い色の方が良かった・・・・・・?
紅ももう少し派手目の方が綺麗だったかしら?
う〜〜ん、仕草も女らしくしなくてはね。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・あれ?
・・・・・・・俺、間違ってないよね?
・・・・・・・道、踏み外してないよね?!
次へ  

[戻る]
[TOPへ]

[しおり]






カスタマイズ


©フォレストページ