山崎烝の新選組日記

□我、本領を発揮するの事
1ページ/4ページ


(・・・・・・こいつら・・・・・・)

曲がり形にも新選組幹部である人達を、こいつら呼ばわりするのはどうかとは思うが、
この体たらくだと、我慢ができない!!

俺の足下には、三匹の水揚げされた鮪(まぐろ)・・・・・ならぬ、飲んべえ三人組が転がっていた。

「藤堂さん!原田さん!永倉さん!!何をやっているんですか!!」

「ううぅ・・・・やまざぎぐん・・・・・あんまり・・・・おおぎなごえは・・・・・」

「頭に響くんだよ・・・・・なんか薬ねぇか?」

「おお、山崎・・・・水・・・・水をくれ・・・・・」

それぞれが勝手な事を言う。

全く・・・・・この人達は、また昨夜も島原で飲み明かし、二日酔いでぐだぐだしているというわけだ。
だらしない!!
酒を飲むなら飲まれるな!!!
飲んだら乗るな、乗るなら飲むな!!
あれ?これはちょっと違うか・・・・・。

俺は自業自得だと言わんばかりに、ことさら要求を無視し、さっさと仕事に戻った。


* * * *


さてと・・・・・・
酒の匂いに塗(まみ)れた自堕落な空気から逃れ、俺は正門を出て清々しい朝の光を浴びた。

(こんな気持ちの良い日に、惰眠を貪(むさぼ)るとは・・・・もったいないとは思わんのか・・・・)

爽やかな空気を胸一杯に吸い込み、活を入れて調査へ向おうとした俺に、背後から声が掛かった。

「あの・・・・・もし・・・・・」

涼やかな女の声に、直ぐさま振り返ると、そこには清楚な感じの女が佇んでいた。
手には大きな荷物を大切に抱え込んでいる。
そして表情には微かな陰りがあり、儚げな美しさが漂っている・・・。

「・・・・何でしょうか?」

もしや間者か何かかと、俺は密かに警戒心を高めて応える。
すると女は、躊躇いがちに口を開いた。

「あ・・・・あの・・・・・人を・・・・探しているのです・・・・」

「人?ならばここではなく・・・・」

「い・・・いえ、探し人はここにいるのです・・・・」

冷静な俺の言葉を遮り、女は慌てて首を振る。

「ここに・・・・?」

(隊士の誰かの身内だろうか?)

そう思っていると、女の抱えていた荷物が不意に動いた。
驚いて目を見張ると、張り詰めていた女の表情が緩み、優しげな笑みを浮かべた。

「大丈夫よ、坊や。もうすぐ父様に会えますからね・・・・」

(ああ・・・・荷物と思っていたが、赤子だったのか・・・・)

「分かりました、ここの隊士のお身内でしたか。ではお呼びしましょう。名は何と申されますか?」

「有り難うございます。この子の父親の名は・・・・・・」

俺はその名を聞いて、晴天の空から雷電の直撃を受けた・・・・・・・・・・。





次へ  

[戻る]
[TOPへ]

[しおり]






カスタマイズ


©フォレストページ