真っ赤な薔薇は あいつの唇
やさしく抱きしめて くれとねだる
瞳の奥に 獲物を映して
淋しく問いかける 愛の在りかた
男には 自分の世界がある たとえるなら
空をかける ひとすじの流れ星
孤独な笑みを 夕陽にさらして
背中で泣いてる 男の美学

真珠の色は あいつのまなざし
遙かな幸せを 夢に描く
いためることを 恐れるあまりに
冷たく突き放す 愛もあるさ
男には 自分の世界がある たとえるなら
風をはらい 荒れくるう稲光
都会の闇に 体を溶かして
口笛吹いてる 男の美学























第一権力者 悪魔の神、サタン
第二権力者 時の王サマエル(メフィスト・フェレス)
第?権力者 水の王エギュン
第?権力者 火の王イブリース
第?権力者 蟲の王ベルゼブブ
第?権力者 氣の王アザゼル
第?権力者 腐の王アスタロト
第七権力者 地の王アマイモン

といった権力関係を書きましたけど、メフィスト(サマエル)のセリフをよく読み返してみたら

「アマイモンの上に私(サマエル)を含め6人の王がいてさらにその上にサタンが君臨している」

といっております。

そしてアマイモンは第七権力者(正直、誤植の可能性もありますがあえてその可能性は考えないようにします)
サタンまで八候王の枠組みで考えたらアマイモンが第八権力者じゃないのは明らかに矛盾してたので、やはりサタンは八候王とは別に考えたほうが正解であるとしました。

今のところ名前だけでも判明しているのは火、水、蟲、氣、腐の5人。そこにサマエル(メフィスト)とアマイモンを加えても7人。まだ名前も判明してない八候王が1人いることになる。

そして、漫画で記されたとおり、第一権力者はメフィストのお兄様。

つまり可能性としてはいくつか上げられますが、今のところ(私の頭で)考えられる八候王の構図とは



悪魔の神(最高権力者) サタン

第一権力者 メフィストの兄貴
第二権力者 時の王サマエル(メフィスト)
第三権力者 火、水、氣、蟲、腐のどれかかまだ判明してない王
第四権力者 火、水、氣、蟲、腐のどれかかまだ判明してない王
第五権力者 火、水、氣、蟲、腐のどれかかまだ判明してない王
第六権力者 火、水、氣、蟲、腐のどれかかまだ判明してない王
第七権力者 地の王アマイモン
第八権力者 火、水、氣、蟲、腐のどれかかまだ判明してない王

といったように。

[TOPへ]
[カスタマイズ]




©フォレストページ