novels.(grey×lizzy)

□Sweet Lady〜瞳に恋して〜
2ページ/2ページ

なかなかボクと瞳を合わせないられないで、なにやら言いづらそうにしている。

「なに?どうしたの・・・」

クスッと笑ってそう尋ねた。

「あ・・・の、この間はハンカチありがとう。洗ったのでお返しします」

エリザベスは恥ずかしそうにそう言うと、白いハンカチをボクの前にそろそろと差しだした。

「え?これあげるって言ったのに」

「だって悪いから、そんな―こんないい布地のハンカチ・・・」

「ふーん、そう?」

そっけなくそう返し、彼女の手からハンカチを受け取る・・・同時に、まだ包帯の巻かれている右の人差し指を見た。

「大丈夫?指」

「だ、大丈夫です!グレイ伯爵がちゃんと応急処置を・・・あっ///」

「・・・?」

言葉が途切れたと思ったら、エリザベスは顔を真っ赤に染めている

「どうしたのさ?」

おもしろいなぁ、この子・・・表情がコロコロ変わって。

「あ、あの大丈夫ですよっ!本当に」

彼女は真っ赤な顔のまま、ボクにニッコリと微笑みかけた。

「―」

その満面の笑みがなんだかとても可愛く思えて仕方なかった。純粋な天使の微笑みってヤツかな?つられてボクも笑顔を返してしまう。

「リジー!!」

「あ・・・」

「ん・・・?」

心配そうな顔で、人込みを抜けてこっちに来る金髪の男がいる。よく見ると、エリザベスによく似ている。

「リジー、おいリジー!」

「お兄様っ」

「リジー、探したんだぞまったく―」

言いかけて、ボクの方をギロッと見る。そっか、兄か・・・どうりで似てると思った。でも―

「・・・・」

なんか相当ボクのこと敵視してるな、この兄は・・・。

「・・・うちの妹に何か御用ですか?」

近寄ってきて、更に睨まれた・・・。

なんか、兄の雰囲気はフィップスのヤツに似てるかも。

「お、お兄様!この人はヴィクトリア女王陛下の執事武官のグレイ伯爵よ!」

「え!あ、これは・・・失礼をいたしました。てっきり妹になにか言い寄っている輩かと思い、早とちりを―」

「お兄様っ!」

「別にいいよ」

二人の顔を交互に見て、クスクスと笑いながらそう言った。

「それで何か御用?」

「あ、そうだ。リジー、母さんが呼んでる」

「そう、今行くわ」

「一緒に行こう、人が多いから転ばないようにな」

「―仲がいいんだね、君たち」

なんか微笑ましいな、ついつい和んじゃうよ。

「いや、そうなんですよ。兄の俺から言うのもなんですけれど・・・リジーは本当に可愛くて天使で―」

「やめてよお兄様!恥ずかしい・・・」

ボクの方をチラチラと気にしつつ、真っ赤な顔で兄をキッと睨んでいる。

「じゃあ・・・グレイ伯爵、私これで失礼します。楽しんでいってくださいね!」

「あ・・・うん、そうさせてもらうよ」

「あ、リジー待て!人が多いから―」

「大丈夫!」

二人を見送ると、ボクは手に持った林檎を一口かじった。

「天使、かぁ―」

「剣の天才」エリザベス・ミッドフォードと、あの天使のような笑顔が重なる・・・どっちもあの子なんだよね。

「剣なんて、似合わないよ・・・」

ボクはフッと小さく笑い、一口かじった林檎をじっと見つめた。
真っ赤な林檎が、真っ赤な顔のエリザベスに見える。

「ダンスのお相手でもお願いしようかな」

チュッと林檎にキスすると、人込みからチラチラと見える巻き毛のブロンドヘアーを瞳でじっと追った。


「Sweet Lady〜瞳に恋して〜」end
前へ

[戻る]
[TOPへ]

[しおり]






カスタマイズ


©フォレストページ