BBS

▼書込み 

09/27(木) 06:35
南アフリカ旅行記
山本聖士

南アフリカに降り立って三日目の朝、やっとBPIに連絡がついて早速向かうことに。

大学附属の研究所だからというわけじゃないと思うけど、ぱっと見あまり大きな建物じゃないな…などと思っていたのは最初だけ。
その驚くべき内容の濃さにその日一日圧倒させられつづけたのでした。

じつは朝の電話の段階ではドクター・ルービッジに連絡はとれなかったので、取りあえず常設展示を見ることに。
が、これがとても取りあえず見るとかいうようなレベルのものではなく、金子さんと二人でほとんど狂乱状態で写真を撮りまくったのでした。

写真は建物の外観。
TS3E

09/27(木) 06:49
常設展示
山本聖士

常設展示の一部を紹介。

(c)Bernard Price Institute(以後BPI)

タピノケファルス全身骨格
TS3E

09/27(木) 06:54
常設展示
山本聖士

(c)BPI

脚を突っ張った状態で化石化したガレサウルス。
TS3E

09/27(木) 07:02
常設展示
山本聖士

(c)BPI

リストロサウルス頭骨。
TS3E

☆の付いている部分は必須項目です。

名前

題名

メッセージ
1,000文字まで

あなたのフォレストID

あなたのパスワード

リンク

削除pass

文字の色



アイコン


画像認証
不正な書込みを防ぐために行います。下の画像に5桁の文字が書いてありますので、その文字を半角英数字で入力してください。文字が読みにくいときはで画像が変わります。

文字入力:

投稿規約をご確認のうえ、同意する

※投稿規約をお読み頂き「同意する」にチェック入れて送信して下さい



[戻る]



©フォレストページ