罪と罰

□一直線
2ページ/2ページ

臆病だったオイラがその判断の間違えに気づくのは遅すぎた。
何もかも遅すぎるのだ。




あの憎たらしかった妹の想い人は愛の全てを知っているようだった。
自身の想いを一直線に。
伝える術を教わってしまった。
オイラにはない、人間独特の感性なのだろうか。いや、そもそもあいつに人間らしいところは無い気がする。
だけれども、不本意ながらあいつに分かっていたことがオイラには気づけなかったのだ。少しショックを受けたが、あいつのおかげで気づけたのだ。
素直になることの大切さ。
想い人と過ごし刻める時の重要さ。
そばにいることのできる運命。

君への一直線な想いを






早く届けたい。
前へ

[戻る]
[TOPへ]

[しおり]






カスタマイズ


©フォレストページ