『梁 貞美(乳首露出ギャンブラー)が阿部俊則強姦犯の大切な部分を再生、老人殺害企業積和』
あなたは5706人目の、
伊知地萌子の膣型チクワの穴です。

辻野伊都香大麻吸引オンナ「お巡りでもまた、カネで買うかな。それとも、あの闇カジの警官にするかな、、、でも、アイツ趣味悪いからな、、、アナるもきたねぇし、、、、矢代隆義の言う通りだったよ、まったく。」

秋山雄亮闇カジノ依存症警察官「陰毛か大麻、吸いてぇな。キメテェ!九九の七の段おぼえてぇ!しちしち、しじゅうしち!当ってんだろコレで!なんか蜂谷二郎のチン子の臭いがするな、、、あっ俺の口の中からか、、、いっけね!」

荒屋正年、最後の言葉
「鳶職のケツの穴って、ユルいからなぁ。ぁぁぁぁ。
高橋尚成ってかーせっくすしかしたことがないって噂、本当だな、、、きっと、だって、そう言う野球してるもん。レイプ犯だし、、、、、ぁ」

長野淳(鳶職の男性を性的目的でカネで買った警官)「私は今、チン子を露出させたまま歩いている。池田大作先生のちーんぽをしゃぶりたい!その為に、変態警察になったのに、、、、なんで、署長のチン子をちょいちょいしなきゃならんのだよ、、、ちょういちょい、ちょいちょいって、そしたら、署長も、こっちにちょいちょいって、してきて、、、、ちょいちょい、ちょいちょいいいいいい、どぴゅ!、、、つづけて どぴゅ!

ストレスたまるなぁ。性欲はたまらんが、、、

なんか、、、、
幸せなのかな、、、、僕、、、、、、でも署長の顔、幸せそうだったな、、、、イク時、かわいいんだよな、署長。」

その頃、長野淳の30メートル後ろを別のヘンタイ犯罪者が歩いていた。
木村真也レイプ犯「私はキリストの生まれ変わりだ。池田大作のちーんぽなどしゃぶらない!

前のポリ、後ろ姿がヤクザだな、、、、制服着てなければ、完全にヤクザだな、、、、それにヤクザもポリも性犯罪者が多いからな、、、
ところで、、、

どっかに大麻、生えてないかな?田鍋健レイプ犯なら教えてくれるかな、、、鈴木俊に頼むと、、、、、ぼったくられるからな、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、セントグランデ系の住人ならだいたい持ってるんだけどな、、住人もだけど、アイツら転職会議に自分たちで良いコメント書きこんで、誤摩化してるかな、、、、、大麻栽培、、
バレてんのにな、、、、あいつえあ、、、、酒の飲み方もひでぇからな、、、、、恵比寿でゲロ吐くなよ、なぁ、、、立ちしょんべんっもな、、男はもちろんぁっm。、おんなもたいま立ちしょん。
、、

いや、そんなことは、、、、いまは、、、どうでも、、、いいいいい、、、、


dんゔぁんっp、、、、たいまたいまたいm大麻、、、、、、、、、、
、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、
あっ田中聖!!!」

田中聖「菅義偉だって俺と同じ年齢の頃、やってたんだからさ許してよ。大麻くらいさ。ねぇ。創価の人から貰ったんだよ。南無妙法蓮小出恵介げえぇろゲロゲロゲロ、、、、、げぇええええええええええろぉ!!狂ぉぉおおおおおおうっ!」

勝呂文康「本間公悦児童ポルノ製造犯って違法建築士だろ!」
レイプ犯「って言うかさ、本間公悦違法建築士は、児童ポルノ製造犯っていう言い方の方が正しくないか?」
勝呂文康「どっちでもいいよ。そんなの、、、、」
レイプ犯「いや、よくないよ。」
勝呂文康「どっちも、よくないよな!」
勝呂文康レイプ犯「そうそう、どっちも、よくない!南無妙法蓮げえぇろゲロゲロゲロ、、、、、げぇええええええええええろぉ!!狂ぉぉおおおおおおうっ!」

阿部俊則名言「部下は奴隷だ。俺は王様だ。女は性のはけ口だ。積水ヤクザの藤原元彦さんが教えてくれた。今では、感謝しています。」

木村真也レイプ犯「AKBの選挙終わったら、今度は公明の選挙対策か、、、、めんどくせぇ、、、、でも、、それも、仏道だからな、、、、、いや、、、本当に、、、、、それって、、、ほんとうに、、  、仏道か、、、、なぁ、、、、、?地区リーダーうざえからなぁ、、、あいつら、、、、ただ、酒、飲みたいだけだからな、、、あぁ、、、死にたい。とりあえず、、、、大麻。」





キラキラした太陽は、すべてを照らし出す。
大西英男の死体が転がっている部屋の中で、
阿部俊則「我々の組織は、能力のない者の集まりなので、常に内紛が絶えないのです。」

さあ、今日も、大麻だけが生きる目的の連中がいる。
セントグランデ大麻パーティーの後、
たくましく生きて行こう!
朝、鳥たちが囁いている。
大麻系NGO理事の岡田達雄グローバルレイプ犯が、やっと離婚したと言う、、、妻(大麻系)の浮気が原因らしい。
美しい街並に心が躍る。
人生は、素晴らしい。
人生は、驚きの連続だ。
歩きスマホをする変態女性。
新宿で浮かれるサラリーマンは、気持ちはわかるが気持ち悪い。
強雨。人生は常に強雨。
信号無視をして、死後、天国に行くことを許されなくなったドライバーは多い。
地獄に行くようなことをしたのだからしょうがない。

宮岡成次レイプ犯「阿部俊則は手コキを強要してくる。そこが可愛いんだよなぁ。アイツ本当に可愛いんだよ。うわぁぁぁぁああぁぁぁぁぁっぁx!」

轟音と共に、
河には、人間の心が流れている。
吉田憲五工作員は語る。レイプ犯のポークビッツを切断することが目的。
我が国の全レイプ犯の内、約13%が東京6大学の現役学生、卒業者、もしくは中退者だと言う。その内訳は、現役学生6.8%、卒業生3.9%、中退者2.2%である。この物語に登場するレイプ犯は、この数字に含まれる者もいるが、含まれない者もいる。歩きスマホ病の乙守和人のように、、、

長谷川史朗レイプ犯「過ちを犯したら終わりと言うわけではないが、我々の罪は汚れ過ぎている。吉田憲五レイプ犯。お前の誘いに乗った私は馬鹿だった。いや、お前などの誘いに乗るずっと前から俺は、、、、」

UFO。郊外の街。

一見何の変哲もないただの人間、寺崎明久が歩いている。
ちん娘の臭いが大好きな小田原雄一レイプ犯は、一人、夜更けに佇んでいた。
クンクン、、、、「ちん娘の臭いがするよ。キミの近くに臭いちん娘の臭いが、、、それは、僕のちん娘の臭いだよ。早く嗅ぎとって。」クンクン、、、、
寺崎明久はおもむろに、ズボンを下ろし、ぬぅと野グソを始めた。
ちん娘の臭いが大好きな小田原雄一レイプ犯「おえぇえ、おぇゔぇv。くさいよぉ。うんこくさいよぉぉぉ。」
ちん娘の臭いが大好きな小田原雄一レイプ犯は、ちん娘の臭いは大好きだったが、うん娘の臭いは大嫌いだった。
ちん娘の臭いが大好きな小田原雄一レイプ犯「臭いからもう、、、、お家に、、、、、帰る、、、、、」
その夜は、積水から脱獄者が出た夜だった。

阿部俊則レイプ犯のポークビッツ「我々は、脱獄者を許さない!脱獄者は、おしおきだぁ!」
その声は社内全体に響き渡り、社員達は脱獄者の追跡を開始した。


「ちん娘が立った!俺のちん娘が立ったぞ!」彼のちん娘が立ったのは四十年振りだった。彼のちん娘は長い間、封印されていたのだ。
彼の名は宮岡成次。彼は人の不幸が大好きだった。彼は人の不幸を見ると勃起した。いや、むしろ、彼が勃起すると人類に不幸が訪れると言った方がいいのかもしれない。


彼の悪友で、税金で風俗に通う男、得能英夫は、今日も大麻を吸引していた。そしてその写真を、フェイスブックにアップした。

その大麻吸引男の悪友、ギャラで風俗に通う男、山田俊浩はヘルス帰りにサウナに行き、汗をかく。妙に身体がツルツルしているのを怪しまれない為だ。
ちん娘の臭いが大好きな小田原雄一レイプ犯「俊浩くんのお肌って、いつもすべすべだね。ぼく、だいすきだよぉ。」

コネで風俗に通う男 香月高広「ぼくのおちんチンシャブッテクレタラ、君の家引っ越さなくていいようにしてあげるからさ!せっかく、ツイッターで知り合ったんだからさ。これも何かの縁ですよね。ね、え、ね!」と、児童買春を繰り返す、香月高広。
土屋重弘レイプ犯「良い俳句だろ!これ!」
宮岡成次児童ポルノコレクター「くだらないこと言ってないで、さっさっと俺のチンちんしゃぶってくれよ。もう待ち切れないよ。」
「めんご、めんご。ちゅぱちゅぱ」
「oh yes oh yes」


昆夏美マネージャー「これより税金を横領した金で、東京都第二建設事務所乱交パーティーを開催致します!ゴミみたいな人間の集まりの第三建設事務所に負けないようにしましょう!」

「第四にもな!」

「第四?!阿呆か!第四なんて、話にもならん!第四なんて人間でもない!ゴミ人間でなくて、ゴミそのものだろ!、、、、、第一のやつらは性犯罪者の集まりだから、俺たちと同類だよ!でも、あいつら、第五のやつらと最近仲いいからな!だから、今日は、特別に第六の奴らを誘ったんだよ。あいつら、自分のちん子のことスカイツリーって言って、隅田川沿いで全裸になるから面白いんだよ!勃起したちん小をワンカップに突っ込んで、ちん小酒ってしゃれこむんだよ!」

「ああああーーーはっっはっはっっははっはっは!!!」

第二の性犯罪者たちは大声で笑った。

上野義夫レイプ犯の性欲も、しかし品性も枯れ果てていた。本多徳裕は、ヨーグルトを自分の乳首に塗って準備していた。

高橋 彰レイプ犯、小崎滋之レイプ犯、嶋屋宏則レイプ犯、長谷川史朗レイプ犯、岩田聖子レイプ犯、高橋 彰レイプ犯(二回目)、石原俊爾レイプ犯をはじめ、恵比寿という街にはアホが多い。松岡 芳春は、まだマシな人間です。
上野義夫は創価学会に入信しろと五月蝿い!浅野光太郎レイプ犯は入信拒否したから飛ばされた。まあもともと、レイプ犯が野放しになっていることを不思議に思うのだが、、、

蜂谷二郎「本当に老人って不潔だよな。存在自体が不潔なんだよ老人って。おぇっおぇっ、、、想像するだけで吐き気が、、、、ん!でも、勃起してきた、、、、、おあ!よしここで、マスベしてこう!良い子のみんな!マスベとはマスターベー、、、ヤバイ!独り言を言っている間に、住人が出て来た、、、、、くっせーな。ここの住人、俺のちん娘と臭いがまるっきりおなじせよぉお!お!お!お!」
小汚いデブ蜂谷二郎は、小汚いグランドメゾンと言うマンションの入り口に張り出されている小汚い張り紙を見つけた。


「殺したい老人がいればお申し付け下さい。格安で承ります。」

小汚いデブ蜂谷二郎は、ニヤリとした。
「これはいい商売を見つけたぜ!ワイルドだらぁ。よし!ここで野グソもしていこう!」

老人殺害企業積和赤坂威レイプ犯は違法建築士集団明建に潜んでいる。そして、自分のちん小に碇シンジと言う名前をつけているようですよ。
「逃げちゃだめだ!逃げちゃだめだ!逃げちゃだめだ!」と言いながら、
辻野伊都香が後部座席で自分の鼻糞を食べている。辻野伊都香は暇な時いつもそうする。彼女にとって暇とは殺意を抱かないときである。不正キャッシュバックで捕まえた客に、なぜか彼女は殺意を抱いてしまう。人種差別をする為に生まれてきたような彼女であったが、いったん慣れてしまえばそれもまた退屈なイジメだと言うことに気がついて、鼻糞をまた口に運ぶのであった。そう彼女は辻野伊都香。鼻糞グルメの産みの親である。平林龍一老人殺害企業積和は、その鼻糞グルメの虜である。

松濤のハイヤーは大麻などの覚せい剤の運び屋である。まれにだが、売人そのものである場合もある。

客の一人である岡田達雄レイプ犯が、テレビを観ている。心を込めて観ている。

アナウンサー「なぜ!荒川さんはいつも亀頭を露出させているのですか?」
荒川裕明『癖です!私は正直に言ってどうしようもない男です。土山淳二が警察署内で違法賭博との噂は私のどうしようもなさに比べれば小さなモノです。私のチン虎に比べれば、土山淳二など小さなモノです。プリウスのブレーキに欠陥があるように私にも欠陥があるのです。ごくタマに、止まらないのです。止められないのです!』


阿曽雅道容疑者「なんで、俺のことをみんなバカにするんだろう?なんでだろう?俺は偉いから、他人をバカにしていいに決まっている。とは、思ってはいない。俺は頑張った分だけ褒められたいだけなのに、、、なんで、みんな、俺のことを褒めてはくれないんだろう、、、俺がブスが嫌いだからかな、、、嫌いって言うよりも苦手と言う方が正しいのかもしれないし、、、とにかくブスを邪魔に思うことが多いんだよ、、、別に悪気があって言ってるんじゃないよ。だって俺善人だもん。」
阿曽雅道や阿曽雅道の部下たちはいつもこの調子です。


高木竜太郎の生まれ変わり入山利彦の亀頭的存在岡田達雄理事「あうっ!つちやまじゅんじは糞水ハウスに対して、性接待の要求を欠かしていないようだな、、、良いことだな、、、それは、、、、山林高明は万引犯で、、またか、、、あいつ、、、こりないな、、、ん!寺岡博之グランドメゾンレイプ犯が積和の田中進一レイプ犯を逮捕と言う情報が入っているが、、、本当のことだろうか、、、あうっ!」

鬱病サディストの寺岡博之は、岡田達雄理事の薄ら笑いに共感を覚えた。
岡田達雄理事は、自分で私は税金で風俗に通っているようなものですから
と、言った。

それを聞いた誰もが、まったく持ってその通り!
または、ようなものではなく、まったく完全にその通りなのに、それをわかっているのに、なぜ止められないんだろう。よっぽど奥さんが、こ汚いんだろう。と、思った。

しかし、実際のところは彼の奥さんは、むしろ美人な方で、気立ても良い方だった。

岡田は、奥さんに出会った瞬間からずっとずっと引け目を感じていたのである。

何故なら、岡田は、背が低く、ぜい肉多めで、知識も、新聞やニュースに頼ったものばかりで、面白味がなく、そして、思いやりもなかった。彼は劣等感の塊で、フーゾクで抜くこと以外に心の安らぎはなかった。

だから、不法投棄している最中も、リアルな感覚がなく。早くヌキたい。早くヌキたい!と、心の中で念仏のように唱えていたのである。「神奈川営業本部長佐々木誠と御一緒してヌキヌキ星人岡田達雄理事ちゃんに変身だよ!」と唱えていた。
「理事ちゃん!」と岡田はプレイの最中呼ばれていた。「理事チン」とも店では呼ばれていた。岡田はそれが何故だか嬉しかった。嬉しいとき彼は早漏になった。
不法投棄実行犯の増田兼泰は自分の人生に飽き飽きしていた。
それで、増田兼泰は岡田の家族に岡田の理事チンプレイを事細かに伝えた。
仮面家族は、よりその仮面を強固にした。

山林高明は色々な不動産を違法転売することで得たカネで、贅沢をしていました。積水ハウスはそのせいで大変な損害を受けました。

吉元裕一レイプ犯「誰かおれの、あっナルにアポーペンを挿していただけませんか?そうしてくれましたら、わたくしのパイナッポーペンを、、、、」

Yバック愛好家、下着はいつも悪気のない犯罪者積水のお下がりこと盛田正明がそのチクワの穴にバーチャルちん小を入れたくてしょうがありません。何故なら、相当なキチガイちんポだからです。自分のちんポにミニカーを走らせて「ぶーんぶーんと言って、イクのです。」

大和田 南那「キチガイなら大歓迎だわ!私、キチガイにしか興味がないもの。冨澤晃一みたいな中途半端な奴には興味ないけどね。辻野 伊都香は、また不正キャッシュバックしてんの?アホだな、あいつ。ちん娘でもしゃぶってろよ!ばばあ。白人って所詮全員ニガーでしょ!ちん小が全員役立たずだし!私、あいつらのちん小、基本的に認めてないから。伊久哲夫違法建築士のちん小の方がまだマシかもな。切って焼いて喰ったら、腹の足しにはなったわよ。」

西田勲平レイプ犯は結婚式の前日に乱交パーティーに参加していた。僕も一緒だったから本当のことだ。阿部俊則はそう言った。何故この男はこんな酷いことを言うのだろう。それも、勲平の妻である私に向かって、、、

弘中惇一郎に頼むつもりですから、西田勲平レイプ犯君の弁護を、、、でもアイツは守銭奴だからカネが大量に必要なんですよ。わかりますよね。

阿部俊則はそう言うと、私の胸を揉みしだいてきた。そして、この男から妙に脂ぎったセミの死骸のような臭いを感じた。

阿部俊則レイプ犯(住宅と共に麻薬を売る鬼畜)「だめだ、なかなか入らないや、、、」
初老の阿部俊則君は、伊知地萌子の膣型チクワの穴に、、、自らのおチんちンをつっこもうとしていたのですが、なかなかうまくいきません。千田浩史(元国土交通省、現ブルセラショップ買取担当。創価学会幹部。因に店長は辻野伊都香、某企業役員。舟橋龍一をカネで買ったオンナ)が、もし、伊知地萌子の膣型チクワの穴にナニを入れることができたら池田大作の精子付きのセーラー服を25万で売ってくれるということでした。でも、なかなかうまくはいきません。指定された伊知地萌子の膣型チクワは、阿部俊則のちん娘とは正反対にとても硬かったのです。
阿部俊則「やべぇなぁ、ちん小が伊知地萌子の膣型チクワ臭くなっちまった。それに伊知地萌子の膣型チクワが、俺のちん小臭くなっちまったし、今晩のおかずだったのになぁ、、、まあいいかぁ。家族には内緒にしておこう。あいつら、俺の悪口ばっかり言ってやがるしな。いいきみだ。ついでにツミレに俺のハナクソ突っ込んでおこう!」

その夜、上野義夫の死体が発見された。

弘中絵里「稲垣士郎はいつも下半身を露出しています。その理由はいつも自由でいたいからだそうです。そのくせ、いつも、首輪を着けられて北朝鮮のスパイのちん娘をおしゃぶりするアルバイトを行なっているのです。狭い部屋の中で稲垣士郎は、犬のように飼われていたのです。彼は幼い時から、自分の惨めな生き方に悩んでいました。その悩みをそっと打ち明けた時に幸せになれたのです。そして、変態の犬として残りの人生を生きようと決めたのです。だから、彼の被害者以外は彼を責めることは御遠慮下さい。勿論、攻めることは彼の喜ぶ所ですが、、、彼は本当に疲れ切った老人なのです。殺すなら、ヒトオモイにお願いします。」


「弘中惇一郎は岡本保朗のアナるのように無能なヒステリー男だが、弘中絵里の方は割と優秀だからな、、、」

北朝鮮のスパイである荒川裕明が今日も大麻を吸引している。本当はちん娘を吸引したいのに、大麻で我慢しているというのだ。この粗チン見せびらかしオトコがだ。


上野義夫は荒川裕明のちん小を必死にしごいている。しかし、いっこうに、ちん大にならない。中にもならない。何故なら、荒川裕明は新興宗教が大嫌いだからである。

その頃、ちゃぼすけこと阿部俊則、昭和26年卯年生まれは、伊知地萌子の膣型チクワをおでんの鍋に戻し、服を着て会社へ、そして真面目に仕事をこなしていまして、彼の真面目とは一体どういうことかと申しますと、こういうことです。

ちゃぼすけこと阿部俊則「細川慎一くん!僕の精子で頭洗ってね♡どぴゅ!どぴゅ!」
酒井法子こと細川慎一「社長!頭が、カピカピです!」
中田孝治「僕にも、かけてぇくださいぃ!!!」
稲垣士郎「ぼくにも、ぼくのお尻の穴に発射して!!!斉藤えい主催のグランドメゾン飯田橋の乱交パーティーに行く前にお願い致します!平川貴之も来るんです!アイツには負けたくありません!」

暗闇の中、ヒステリーの塊である土山淳二の死体が転がっていました。そしてその死体に射精を繰り返す一人の変態が何かほざいていました。
阿部俊則名言「とにかく、ちんコをしゃぶりたい。息子のちん小もしゃぶりたい。でも、妻に怒られるから、山林高明のアナるにゆびつっこんしーよお。土山淳二は、俺の息子をレイプした、、、なんて悲しいんだ、、、、自分がいつもしていることを、、、、他人にされるのは、、、、、、なんて悲しいんだ、、、、、、」
土山淳二はフェラチーオが下手だったので、こうなってしまったのでした。
それに加えて、土山淳二は阿部俊則の息子を補導しトイレで散々、犯しまくったのです。阿部俊則の息子は、土山淳二の精子まみれになった姿で、野良犬にちん娘をくわえられた状態で、見つかりました。それを、見つけた土山淳二は、まさか自分がそんなことをやってしまったとは思ってもいませんでした。しかし、彼は恐ろしい程に二重人格だったのです。


阿部俊則と荒川裕明は、世界最大の変態ネットワークの一員です。
荒川裕明「私にちんーんこを突っ込んで下さい。それが私の、、、、最後の望みです。父さんのように精子まみれになって死にたい!!!」
阿部俊則「そう言って、荒川裕明は醜い生涯を終えた。俺のちん娘を左手でしごきながら、、、あれから、三年、、、」

三年後の阿部俊則「昨日、公演のベンチでオナニイしていたら、俺のチンーコにコガネムシがとまったんだよね。頭の所に、そしたら、俺の息子が、、、あ、息子ってチンのことじゃなくて、俺のクソみたいな性格のアホ息子のことだよ。その息子が、俺のチン小握って、しごいてきたんだよ。コガネムシを捕まえるつもりだったのかな?とにかく、しごき方が上手くてさ。だって、アイツもう、33才だからさ。コガネムシに射精しちゃった。その後、息子が俺にバック決めて来たんだよ!俺、、、かんじちゃった。いっちゃった。」


精子まみれのコガネムシ今隆志「はぁ、、はぁ、、、ミニーマウスをレイプする。それが俺の目的だ!!!」
声は、場末の建設現場に響き渡りました。ここには、変態老人だけを集めた老人ホーム「吉田憲五 変態の家」が建設されるのです。
今隆志は、自分のペーニスを左手の薬指と小指の間でしごきながら叫んでいた。
「でもその前に、バイトだから、岡本保朗のちん娘しゃぶりに行かなくちゃ!!」

積水武(満々とたたえられた水を深い谷底へ切って落とすような、激しい勢いの射精を心がけている男)の家の前で変態が叫び声を上げている。
伊久哲夫「だれかおれのちんーーーぽしゃぶってくれーーーーーーーーーーえ!だれかおれのちんーーーぽしゃぶってくれーーーーーーーーーーえ!!!!!!」
岡本保朗「ぼくがしゃぶってあげる!!!!!ぼくがしゃぶって!!!!!!君のちん娘、臭そうだから、僕しゃぶりたい!!僕、臭いちん娘が、だいすけなんだ!!!」
伊久哲夫「だいすけじゃなくて、だいすきだろ。それとも、だいすけっていうやつのちーんこをしゃぶりたいのかい?」
岡本保朗「いやごめん、そんなことないよ、哲夫のちーんこだけをしゃぶりたい!とーーーても、臭そうだから。」
伊久哲夫「どうぞ、めしあがれ。」


岡本保朗はカネで、今隆志にちん娘しゃぶってもらった帰りでした。そして、ただで、臭いちん娘がしゃぶれるなんて、今日はすっごいイイ(イ:フォントちん娘)日だと思っていました。

「あーん。」
そのとき、伊久哲夫のちんーこが爆発しました。伊久哲夫はみずからのちんーーーこを爆弾にしたテロリストだったのです。
伊久哲夫「これが、ぼくの最後の、射精だよぉ!!!!!!!」
岡本保朗は、伊久哲夫の顔射で死んだのでした。

「父さんにも顔射されたことないのにぃーーーーーー。」

積水武「私の顔射を受けられる程、お前は成長していなかった。」


『変態の書』積水武(著)第222章 〜変態メンター 吉田憲五 現る〜

一人の変態が荒野に彷徨いながら、マスターベーションしている。そして、地面に向かってひたすら射精を繰り返している。その男、松原輝明の変態メンター、吉田憲五である。
「我々は、愛と勇気を失い、そして、ただの変態となったのだ。」

その、荒野に向かって空から飛び降りてくる変態がいた。平成の大変態、松苗昭栄である。
松苗昭栄「じ・じ・じ児童ポルノコレクター取り調べのついでにじ・じ・じ児童ポルノを採集させていただきまぁすぅ」

その荒野に、生きたまま埋められた変態がいた。変態の中でもクソ外道の堀内容介である。
堀内容介「俺が児童だった頃、性虐待いっぱいされたな、、、だから、、、やっちゃうんだよな、、、、俺、自分の子供に毎日のように顔射してたからな、、、恨まれて当然だ。埋められて当然だ!」

荒野の変態が、自らの願望を吐露しながら、今にもヒカラビて死んでいきそうだ。
吉田憲五「親戚の女を全員レイプするのが俺の目標なんだ。俺は三枝輝行のような柔なヘンタイとはわけが違うんだよ!!!!」吉田憲五の再婚の目的は、再婚相手の娘とセックッスすることでありました。吉田憲五も中村栄志や西田勲平と同類、変態家系でした。「バレたか、、、、俺の性欲もここまでか、、、まさか、最後の性交が、西田勲平にレイプされたのだったとはな、、、、そして、奴の精子が身体の中に入ったまま、、このまま、、、死んでしまうとは、、、、だったら、、、、マスターベーションでミッキーマウスにフェラされて、、、そのまま死んでやる!!!!」
吉田憲五は、想像の中でミッキーマウスの口の中に発射して死んでいきました。彼の死体には砂漠ネズミが群がって砂に消えていきました。


春日部 幹「だれかおれのちンこしゃぶってくれないかぁ。だれかおれのちンこしゃぶってくれないかぁ。」日本の吉田憲五「ぼくがしゃぶってあげるよ!そのかわりぼくのあなるにきみのちンこつっこんでおくれ!」

三枝輝行は大麻栽培をラジオ番組の合間に行なっていました。彼のヒステリーのようなラジオでの喋りは大麻あってのことでした。藤原元彦は、大麻を吸いながら全裸で三枝輝行のラジオを聴くのが習慣でした。
三枝輝行(大麻吸引変態男)「伊久哲夫児童買春犯のちん娘が私のおしりのチョメチョメにはいりまーす!、、、、、はい!今、入りました!」

今隆志「さあペットよ。私の可愛いペットよ。私に顔射しておくれ!勝呂文康にそうしたように、私に顔射しておくれ!私は、君の精子で顔パックしたいんだ。警察官って柄が悪いから、息が臭いんだね!宮田昇がこの前、あいつらのちん娘しゃぶってお小遣いもらったらしいけど、腹壊したみたいだぞ。警察ってマジ不潔だからさ。」

〜寺崎明久は大変なヒステリー持ちなのです。そして、そのヒステリーを沈める方法は、誰かをレイプすることだけなのです。〜


且つて、天空の城は本当にありました。風の谷には心地良い風が吹いていました、、、


彼を許してあげて下さい。心がもう、、、ないのですから。


夜の新橋SM広場には、気が狂ったサラリーマンが多いです。
「おーーーーーーーちんんちんしゃぶって、だれかぼくのーーーーーおーーーーーーーちんんちんしゃーーーぶってくださお」寺崎明久は、片言の精一杯の日本語で、街行く人にお願いしていました。決して頭がおかしくなったわけではありません。彼は空から堕ちて来た、その時からずっとこうなのです。
福村康廣「ぼ、、ぼく、が、しゃぶってあげてもいいよ。」
寺崎明久「きみの乳首はピンク色かい?」
福村康廣「ぅんーん。み・ど・り・いろ。まよわず、す・す・め!」

寺崎明久「うふふ、それは私がメロンソーダを飲んですぐに君の乳首を舐めてーーあげたーーーからだねぇ。」
福村康廣「たん、、、、たんさんが、、、すこしティクティクしたよ♡」
二人はSLに乗って、しゅぽしゅぽ何処かへ消えていきました。

変態SLが去った後、更に薄気味悪いものが近づいてくるのを、空気で感じました。全裸男の集団がどこからともなく現れました。何故か全員、かき氷を持っていました。その中の無神経質そうな短髪の男が、そのかき氷の中に自分のぺ二スを突っ込みながら、
「ブルーハワイ、ブルーハワイぃ!!ちょっと戻ってグアムぅ」と、叫びながら射精をしました。
「冷たいのによく射精できた!」と周りの人間が彼のことを褒めていました。みんな、ブルーハワイのことを、堀内容介と呼んでいました。その後、全員、警察に連れて行かれました。聞く所によると、全員同じ部署で、堀内容介の還暦のお祝いをしていたそうです。誰かが還暦になると、毎回、同じように、全裸にかき氷だそうです。「父さん、僕はあの会社に採用されなくて良かったです。東京は恐いと言いますが、よそから東京に来た人間たちの悪ふざけの方がよっぽど恐いです。東京のせいにしてはいけませんね。父さんのように、、、、
、、、そう言えば、昨日、エリック・デュシュマンと言う欧米人が、僕の通う小学校の校門の前で、低学年に対し「君のえんぴつ、ぼくの肛門に突っ込んでくれませんか?」と言っている所を捕まったそうなのです。「校門だけに、、肛門にぃ〜。」と叫びながら、変態収容所に連れて行かれたそうです。日本に来て、無茶する変態も多いようです。本当に恐いです。あの手の欧米人は体臭も腐った犬の死骸のようです。僕は明日から小学校に行くのが嫌になりました。僕は、友達や他の学校の小学生の為にも、変態をこの世界から追い出すことを決心したのです。」

変態同士は引き合う、まるで磁石のように、その磁石を捨てることが出来たならば、、、幾分かでも彼らは救われた筈です。しかし、彼らは変態であることをやめることが出来ないのです。酷く、寂しく空しい人間は、結局、世の中に悪い影響を与えることでしか生きている実感を得られないものなのです。磁石のS極松室哲生と、磁石のM極高下貞二は、お互いにお互いのことを、チンこヘッドと呼び合っていました。二人が並んで歩いていると亀頭が並んで歩いているようでした。二人は横に並んで歩くことはありませんでした。二人はいつも前後に並びながら、挿入し挿入されながら歩いていました。

露出依存症の沖之城雅弘、人前自慰行為依存症の佐藤拓也、アホの新妻基晴を始め、深夜の公園で全裸パーティーを行なっているメンバーは、二人のことをDTH、ダブルチンこヘッドと呼んでいました。因に、平林龍一違法ギャンブル依存症は、TK、チンカスと呼ばれていました。
森部好樹は、春山正宏や錦戸亮の前ではすぐに全裸になりました。彼は売春夫だったのです。月額300円で森部好樹は、春山正宏や錦戸亮の排便をすべて食べると言う契約を結んでいました。春山正宏と錦戸亮は、森部好樹が自分たちの糞を食べている間、がまん汁を垂らしながらそれをじっと見ていました。自分たちの糞を綺麗に平らげた人間のお尻の穴の中に射精するのが彼らの生きている理由でした。

それは水谷佑毅と同類であることの証明でもありました。脇坂英理子にペニスバンドを贈り、自らのアナールに挿入してもらった、あの水谷佑毅と同類でした。しかし、おかしなことがありました。そのペニスバンドにはマジックインキで大きく三上忠夫と書いてあったのでありました。まったく意味不明でした。

水谷佑毅「我々が、何故全裸円陣を夜な夜な行なっているかと言うと、、、それは、、、へ、ん、た、、い、、、、変態の神の怒りを鎮める為なんです。それに、私はいつ挿入されてもいいように、お尻の穴にマーガリンをいつも塗っています。変態の使徒である藤原元彦さんに、そうアドバイスされたんです。あっそうだ、これを見て下さい。」

その動画は、変態が変態の神に昇天させられる映像でした。

金裕が、寺崎明久にちゅっぽちゅっぽバキュームフェラされていました。金裕「dddddいいいいい、、、っっっっっっく!yyyyyyyyyyもっすって、、!!!mmmmmmmmmあxちう。」その15分後、今度は沖之城雅弘が、寺崎明久にちゃっぱちゃっぱバキュームフェラされていました。沖之城 雅弘「もっt、もっと、すって、、!!!あxちう。もふもふ。ぷーり!っっぷうううーーーーーーーdyあああああああああああああああm!」

その動画が終わると、水谷佑毅は息を切らしていました。彼の黒い乳首がピンと立っていました。藤原元彦とのことを思い出しているようでした。部屋の中にマーガリンの香りが漂っていました。私が部屋を出る寸前に、
「はぁはぁ、佐藤哲也児童虐待警察官の悲鳴は、、、、いつもかなしい、、、ぁ」と、水谷佑毅の言葉が部屋に響くのを感じました。その声は、鼓膜を通じてではなく、直接能にコンタクトするようなささやき声でした。私が振り返ると、彼は、既に射精し終わった後のようでした。佐藤哲也児童虐待警察官の悲鳴とは本当にそんなにまで、かなしいものなのか、、、、そのことを考えているうちにいつの間にか、私は自宅に着いていました。


ヘンタイ会員制倶楽部「佐藤哲也児童虐待警察官」ネオンが悲しく点滅している。ド変態限定カップルシートから、
「ねぇねぇ、羽井一彰くん!僕の精子は甘いんだよ。」
変な男が気取って頭の悪いことを言っている。いくら会員制のクラブだからと言っても、発言には注意して欲しい。こっちはヴィッチなサンドウィッチを食べているんだ。もっとも、私ぃも、下半しぃーんにぃーは、なにぃーも身ぃーにつけてはいぃーないがねーー、、、私の名前は、ジュリー・ハンプぅーーーんこ。趣味は野グソと読書ぉーーーーべん。水谷佑毅ぃーーーーーーんちん、脇坂英理子ぉーーーーーどーーーで全裸ダンスゥーーーーにペニスバンドぉーーーーーーーを贈りぃーーーりぃーりぃーーーアナぁールに挿入してもらった男ぉーーーーーー茶入れて!と同自慰であるぅわいんは安物に限るぅーーーーぷ現象。」
自分の精子が甘いとか抜かしやがってる男の顔、見てみたいと思い、、そしてら、稲垣士郎だった。
確かに、あいつの精子は甘そうだ。それにしても「ねぇねぇねぇーーーーん、羽井一彰くん!僕の精子は甘いんだよ。」って、何度も言ってんじゃねぇ気持ち悪い!


藤原元彦「寺崎明久は、レイプ経験者のコミュを作っていました。驚くべきことに、彼が名前を知っている人間は、一人残らず全員このコミュに参加していると言うことでした。彼には不思議な魅力と言うか、病気の感染力のようなものがあったのかもしれません。とにかく、彼に一度でも会ったことがある人間は、レイプ願望を持ち、そして、その中の多くの人間がその願望を実行に移していました。」
藤原元彦は、コップに入ったオレンジジュースに自分の陰毛を入れて、一気に飲み干し、更に続けました。
「ああ、それにしても、なぜ伊藤健一と言う名前の人間には、犯罪者が多いのでしょうか、、、ちょっと、どぴゅっと検索してみただけでも、氷山の一角!いや、乳首のさきっぽ!!が、見られますよ、、、、、、、、ま、、、まあ、私の名前が珍しいだけかもしれませんが、伊藤健一と言う名前の人間や、伊藤健一の周りの人間には犯罪者が多いんです。私もその一人ですが、、、、すみません、、、いや、、もしかしたら、、、寺崎明久と言う人間とは違ったなにか、、、、そう、なにかまわりの人間に悪いことをさせるトリガーみたいなものを伊藤健一と言う人間は持っているのかもしれませんね。それもこの世の中には、伊藤健一と名前の言う人間は数多く存在する。そして、この社会で罪を犯し続けているんです。本当に恐ろしいことです。」
そう言うと、藤原元彦は、ばばざざざあざあざあんん、と変な大きな音のオナラをして、「あxるおr、実がでちゃった。」と、トイレへ歩いて行きました。その後姿には、犯罪者特有の粋がったオーラのようなものがありました。
違法建築の地下室で、二人の醜いオトコが69をしていました。上野義夫が6で岡田達雄9でした。
上野義夫( 野球賭博、元締め)は若者から搾取することばかり考えていました。
岡田達雄(全裸円陣グループのひとり)は、女性の下着を盗むことばかり考えていました。だが、ジュリー・ハンプと言う、糞まみれの女の下着だけは、拒絶しました。
しかし、妻である岡田睦子に下着泥棒のことがバレてしまい、岡田達雄はちん娘をわしづかみにされたままスーパーへの買い物に突き合わされました。更にツイッターでつぶやきまくっていた岡田達雄の秘密の横領変態行為。非営利団体キックバックで暴利をむさぼって、清水大輔グループリーダーと行なっていた下着泥棒グループの打ち上げ兼盗んだ下着自慢会を行なっていたことも、そこら中の非変態にバラされてしまったのです。吉田清一は自分の染み付きパンツが盗まれなかったことに激怒し、バナナの皮にすべってチングリ返し状態になりそのまま自分のちん娘をしゃぶり続けました。

小西工己 (野球賭博関係者)は、弱者にひどい仕打ちを繰り返し、臭い言葉を建前に、ヤク漬け生活を送っていました。彼は裏金を払って立件されなかったので、油断し切ってシャブ漬け生活を続けました。3Pデリへルの抱き合わせで付いてきたオトコの栗生俊一は、いつもいっつもケツの穴を小西工己に向けて「入れて下さい!入れて下さい!」と、うるさいそうです。

稲垣士郎(特殊詐欺用プリペイド式携帯搾取グループリーダー)は自分の亀頭をかたどった亀頭キャンディーを販売する計画を押し進めていた。西田勲平は、その独占販売権を買いたくてしょうがなかった。西田勲平は、稲垣士郎の亀頭が大好きだったからである。一方、仁木勝雅は、乙武洋匡の亀頭キャンディーを販売しようとしていたが、その条件が阿部俊則のアナるんに乙武ペニすんを突っ込みたいと言うことだったので躊躇していた。仁木勝雅は阿部俊則のアナるんを独り占めしていたかったのです。●●

愚直に構造改革をやり続けなければならない。この小説を、すべてのレイプ被害者に捧げる。そして、命まで奪われた者たちへ。

三枝輝行がよく通う、ラブホテル「公彦のウラスジ」、ラブホテル「とのさまのおしっこ」、ファッションヘルス「オウムグランド真理メゾン」、ソープランド「ちんまんパレス」、デリバリーヘルス「NPO常任理事のバナナ」_運転手兼ヌキ役であった勝呂文康は、いつもその店についていって、化粧室で煙草を吸っていた。煙探知機が反応し、つまみ出されるのもいとわない程のニコチン中毒である。勿論、ちんチン中毒でもあったのは言うまでもない。

未解決の殺人事件の内、犯人の動機が幼児レイプである事は非常に多い。
幼児を殺害した場合でも、レイプ目的でない場合は、犯行に対する隠蔽欲求はそれ程高くない。犯行自体が、極僅かながら、自己顕示欲が垣間みられるからである。しかし、幼児レイプ後に殺害した場合は、自己顕示欲と言うものは一切介入しない。犯人は死ぬまで、自分が幼児性愛者であること、そして、実際にレイプをしたという事実を恥に感じているからである。そして、それは、特に、同性の幼児の場合はそれが著しい。中年男性が、男の幼児をレイプし、殺害した場合は、その欲求、動機自体を覆い隠す為にも、まったく性的興味を持たない人間を殺害し、そちらをレイプしたようにさえ見せかけるのである。


「上野義夫を通して買いなさい。そうすれば、あなたは必ず天国と地獄、その両方を味わうことができる。」

臭い男が公園のベンチで話している。どこの公園なのかは、わからない。行ったことがあるような気もするが、ないような気もする。きっとテレビで観た程度なのだろうか、、、いつか行ってみたい、でも決して行くことはできない、そんな公園。緑に満ちあふれ、噴水もあるような公園で、見た目、紳士のその男が誰かを諭すように話している。

仁木勝雅「なあに、はっきり言って。
曖昧なのが一番いやなんだ、、、
ん。
あああ。

なに!

おれのちん娘を舐めたくないだと!!!!!あまったれてんじゃねええよ!!!!こらあああ!!!!」

阿部俊則「かあさん。こわいよ!!変なおじちゃんが、、、変ないきものを、なめろっていってくるんだよ!!!きもちわるくて、、、くろくて、、、、ぼくないちゃったよ、、、、くさいし、こわいし、、、ぼくそのおじちゃん、、、きらいなんだよ!!!!、、、、、、かあさん。ぼく、ばかじゃないよ!ぼくがんばれるよ!」

「なにを言っているの!あなたは、他人に迷惑をかけることしか出来ないのだから、、、エリック・デュシュマンや星北斗のようなクソ人間なのだから、家でじっとしていなさい!そして、そのおじちゃんの、おちんおちん、をなめてあげなさい!!!しゃぶって、おあげなさい!!!!あなたは、無能なんだから!あなたは、無能なんだから!」

その無能という言葉が、彼の頭に響き渡り、そして、一生こびり付いていくことになる。

阿部俊則はまた悪夢にうなされている。

阿部俊則はその夢から、目覚める時、いつも夢精している。

パンツについた精子までもが、阿部俊則の無能さを、、命あることの無能さを代弁しているかのようだった。

阿部俊則は、その後すぐに大便へ向かった。

ぶりぶぶぶbぅぶりぶり。

その悪夢から逃れる為に、また、世界を汚そうとしていた。

ぶりりぶぶぶりいりりりrぶぶぶりりrぃぃぃぃぃx。

その日の大便は、牛の糞のような勢いだった。

当然、人間用のトイレと言う囲いからは、その牛糞は溢れ出てしまった。

阿部俊則自信にも、それをそうすることもできなかった。

ただ、その自らの牛糞からは、生暖かさを感じずにはいられなかった。


阿部俊則「ねえ、かあさん。ぼく、たくさん、うんこでたよ!」

「やめて、としのり!かあさん、いま、カレーをたべているのよ。うんこと、カレーってにているでしょ。だから、カレーを食べているひとのまえで、うんこのはなしはしてはだめよ!

「ごめん。かあさん。ぼく、うんこ出たのが、四日ぶりだったから、、、」

「だから、やめてちょうだい。こんど、あなたがカレーを食べている時に母さんがレイプされた話をしてあげるから、、」


「な、、、なにレイプって、、、」

それはね、、、まあ、いいわ、あなたが生まれて来た理由とでも言っておくわ、、、、さあ、はやく、そのおちんおちんをおしまいなさい!さもないと、このカレーにトッピングしてしまいますわよ!」

「わぁあああ、かあさん、目がホンキだよ!!!!!!!!」


阿部俊則の母は昔を懐かしむように語り続けた。途中大麻が切れたと言って、吸い出したので、こちらもまるで改憲主義者のようにラリってきた。
「俊則は、無能で遊び好きの女性が大好きでトチ狂ったようにむさぼり喰ってきました。おだてに乗りやすいので、無能な女の頼み事を、絶対に断ることが出来ませんでした。なので何でも買ってあげました。どんな洋服だろうが、宝石だろうが、他人をこき使って得たカネで買ってあげました。それが彼の生きている意味だったからです。そんな彼も寺崎明久にレイプされてから、おしりのあなに、おチンぽほしくてたまらないおとこになりました。そして、五体不満足になるまで、おぞましい行為を繰り返し、繰り返し、そして、ついに帰らぬ人となったのです。」

阿部俊則レイプ学校。この世の中のすべてのレイプ犯は、この学校の出身者である。何故、彼らは、レイプ犯になることを望んだのだろうか、、、
いや理由など関係ない。この世の中にレイプと言う犯罪が存在することは事実。
人間はレイプ欲求によってのみ、最高の労働力を発揮できると言う考えが、阿部俊則レイプ理論の根幹である。
この物語は、阿部俊則容疑者(大宮アルシェのトイレで覗きを繰り返す男)の実際の発言をもとに進行する。

1995年7月 大宮 晴れ
金塚公彦(児童ポルノコレクター)はいつものように、肌色のタンクトップ、短パン、白いスニーカー、寒くもないのにびんびんに立った乳首姿で、大宮を歩いていた。すると突然、臭いオンナに殴られ、連れさらわれた。
あまりの臭いに金塚公彦は、自分の臭い脇の臭いよりも、臭いものがあることに喜びすら覚えた。
辻野伊都香「私の栗とりすをなめまわせよ!!!!ひらのくせに!!!!なにていこうしてんだよ!!!!!」
金塚公彦(つい六時間前まで高橋健一のちん娘をしゃぶっていたオトコ)は五時間殴り続けられ、死んでいた。
辻野伊都香は完全なる二重人格者である。普段はそこそこ、こぎれいなかっこう、見た目をしているが、酒を呑んだり脱法ハーブをやったりすると、とにかく人を蹴り倒し、罵り倒したくなってしまうのだ。
その光景をトイレの壁にしがみついて見ていた阿部俊則は、興奮のあまり、ふとももに精子がこぼれ出していた。
辻野伊都香「誰か覗いてるいるわな。私の真の姿をのぞいているわな!!!!!」
阿部俊則は、その声にビビって射精していまった。
あれから、十数年、阿部俊則はそこそこ偉くなり、金で人を弄び、、、
そして、それにも、もう飽きた。


阿部俊則名言集より「大は小を兼ねる」
それはそうだが、小をしている時に、突然、大が出たら大変だ。まさに大惨事!

今日も、また、阿部俊則レイプ学校に、変態たちの声がこだましている。
西田勲平「駅前でナンパしてこい!」下貞二「寮にデリヘるを呼べ!」
西田勲平(北口克彦に誘いを断られ、その腹いせとしてリークした男)「駅前でナンパしてこい!」下貞二「寮にデリヘるを呼べ!」
西田勲平「駅前でナンパしてこい!」下貞二「寮にデリヘるを呼べ!」
西田勲平「駅前でナンパしてこい!」下貞二「寮にデリヘるを呼べ!」
今日も、また変態たちの声がこだましている。
西田勲平(にしだくんにへい)「駅前でナンパしてこい!」下貞二「寮にデリヘるを呼べ!」

今日も、また変態たちの声がこだましている。西田勲平「駅前でナンパしてこい!」下貞二「そうだ!クン二が大嫌いな、くんにへいも、言ってるだろ!寮にデリヘるを呼べ!」
阿部俊則「남자와 섹스하고 싶다 남자와 섹스하고 싶다 남자와 섹스하고 싶다
佐久間巧成!俺のちん娘しゃぶれ!」」


金塚公彦(建築物にナニをこすりつけたがる男)の死体が腐敗しきっているその部屋の片隅で、阿部俊則は、ある男性にちん娘をしゃべられ射精を繰り返していた。

阿部俊則「あーーすっきりした。あのじいさん、フェラッチオ、うまかったなぁ!!!西田勲平よりうまいなんて、なかなかだよ。굉장하다大手ハウスメーカーの住宅営業マンだな!」
阿部俊則。阿部俊則レイプ学校の創設者であり唯一無二の教師。日本のレイプの父と呼ばれている人物である。この物語は、彼の弟子たちによる仁義無きレイプ合戦の記録である。
荒川 裕明(強姦犯)が活動する世界最大の変態ネットワーク

土屋重弘レイプ犯の『Innocent World』



八幡統厚「西田勲平は、ダイオキシンを垂れ流している。抹殺しなければならない。この村の為に、私らの子供たちの為に。」
下貞二「あのじいさんのあの言葉、、、ひょっとすると遺言だったのかもな、、、」

西田勲平は典型的なレイプ犯である、下貞二はそれを許せなかった。下貞二は、風俗依存症だったが、ゴミの分別だけはしっかりしていた。しかし、それも、かなり気分に左右されていて、全く当てにならなかった。つまり、下貞二は、他人には厳しいが、自分は常に気分次第だった。その気分次第の性格の為に、阿部俊則レイプ学校を中退してしまったのだが、そのことが、世界を変革するきっかけになるとは本人にもわかっていなかった。

下貞二「追い、タカシマ!!お前、また、禁欲してんのかよ!!くだらねえな。俺なんて、常に精子垂れ流してんだぜ!!!!そこら辺の、猫にもひっかけて、やるんだぜぇ!!!ヘンタイだろぉ!!!!!誰でも、ひとしゃぶり、40万円払ってやるよ!俺のちん娘しゃぶってくれればな!」」

高島輝幸「ふぅ、俺は垂れ流すのを、ただ手伝うだけ、、、、そんな人生さ。どうせね!君みたいな、不潔な人間にはなれないよ。」

「うるせぇな!レイプ学校に入学もしたことねぇ、お前に言われたくもねぇよ!!!!」
そう言うと高島のちん娘をズボンの上からおもいっきり揉みしだいた。
「けっ!このふにゃチンが!!」
高下貞二はそう言いながらも、興奮していて、ちん娘の割れ目から我慢汁が白いブリーフに染み出してきていた。しかし、レイプ学校中退者である高下は、グッとその感情をおさえた。もっとも、ブリーフはもうベチョベチョではあったが、、、

下貞二「あっそう言えば、俺、チャーリー・シーンと性交渉したんだけど、、、まずかったかな、、、、」
高島輝幸「ああ、、、そうだな、、、、おわったな。」


イントロ、、、
タイトル曲『大宮アルシェのトイレで、俺のちん娘をしゃべってくれ!by阿部俊則』
アウトロ、、、

アウトロと交差するように女子高生たちの会話が飛び込んでくる。
「西田勲平のちん娘って臭そうだよね。ウケる!ちょうウケる。アイツのちん娘しゃぶったことあるやつ、小田祐司って言う、、、ええ!!!あいつが!!!!キモーーーーーイ!!キモッ!!!!ね!!ね!!!キモいよね。と、、、言うか、あいつらのせいで、日本が環境破壊国って国連から認定受けたって、、、、、もぅ、本当にあいつらの家族の糞の垂れ流し、本当に酷いよね。もう死んじゃえよ!あいつらのせいで、沢山の動植物が涙ながしてんだよ!!!!!!」

下貞二(新聞の勧誘員を殴り殺したことがある)は、地下鉄車内での立ちしょんで、また捕まった。

阿部俊則「そういえば、今日の新聞に『高下貞二が自分の娘をレイプ』と言う、記事があったな、本当に酷いオトコだな、、、でも、あいつが、、、俺にはすぐレイプされるくせに、、、日頃のうっぷんが溜まってたんだな。남자와 섹스하고 싶다 남자와 섹스하고 싶다 남자와 섹스하고 싶다

ぶりりりぶううううううりりりりっりぃぃぃぃxぶううううううううううううぶぶっぶぶぅぅぅぅうぅぅりっりりりりいりっりりり!!!!!!!!ぶりりりぶううううううりりりりっりぃぃぃぃxぶううううううううううううぶぶっぶぶぅぅぅぅうぅぅりっりりりりいりっりりり!!!!!!!!
辻野伊都香「あら、私、また、ウンコ漏らしてたわ。남자와 섹스하고 싶다 남자와 섹스하고 싶다 남자와 섹스하고 싶다」
ぶりりりぶううううううりりりりっりぃぃぃぃxぶううううううううううううぶぶっぶぶぅぅぅぅうぅぅりっりりりりいりっりりり!!!!!!!!ぶりりりぶううううううりりりりっりぃぃぃぃxぶううううううううううううぶぶっぶぶぅぅぅぅうぅぅりっりりりりいりっりりり!!!!!!!!梁 貞美「私もうんこぷりぷり!」

「私、自分のウンコに埋もれて死んでしまいそう、、、남자와 섹스하고 싶다 남자와 섹스하고 싶다 남자와 섹스하고 싶다」
ぶりりりぶううううううりりりりっりぃぃぃぃxぶううううううううううううぶぶっぶぶぅぅぅぅうぅぅりっりりりりいりっりりり!!!!!!!!ぶりりりぶううううううりりりりっりぃぃぃぃxぶううううううううううううぶぶっぶぶぅぅぅぅうぅぅりっりりりりいりっりりり!!!!!!!!

山田寿夫「まったく、八幡統厚の奴、本当にオチャメだな。俺のちん娘舐めたいだなんて。남자와 섹스하고 싶다 남자와 섹스하고 싶다 남자와 섹스하고 싶다」

中野啓吾「阿部俊則の野郎、酔うと女装癖があるうえに、俺のちん娘しゃぶってくるんだよ。もう、本当にしつこくてさ、、、下貞二のでもしゃぶっとけよまったく!남자와 섹스하고 싶다 남자와 섹스하고 싶다 남자와 섹스하고 싶다」

積創DYMは、選挙で必ず勝利するんだぁ!!!ゴブゴブゴブ林」
小田祐司(稲垣士郎のザーメンが顔にこびり付いて離れない男)は、同級生を自殺に追い込んだ。「積創DYMは、選挙で必ず勝利するんだぁ!!!」積創DYMは、選挙で必ず勝利するんだぁ!!!」
ずっと前ことだけど、小田祐司は毎晩そのことでうなされ続けている。
積創DYMは、選挙で必ず勝利するんだぁ!!!」
小田祐司「ああ、おれは、小さな勝利にこだわって、、、、、大切な、、、大切な、、、人を、、、、、」小田祐司は、本当に後悔していた。その後悔は、ある決心を呼び込んだ。「俺は、すべての勝利を否定する!俺は、勝利を望むものすべてを否定し、破壊する!!!」


永本芳生「北口克彦!!!!俺のアナるにお前の杭を打ち込んでくれ!!!!!!!!!!謝礼やるから!!!!!!!!!」
それが、永本芳生の最後の言葉だった。

藤原元彦レイプ犯の陰毛が風に飛ばされて、、、根岸修史レイプ犯は、その陰毛を追いかけて、、、、、、前田宏は、いつも、乳揉みポーズ。下半身は裸体。


土性智紀「すみません、あなたがしごいてるちん娘、ぼくのなんですけど、、、」
ちゃ、、、、く。。。ちゃ、、、、、
土性智紀「すみません、あなたがしゃぶってるちん娘、ぼくのなんですけど、、、」

荒川裕明「ごめん、ごめん、ついね、、、ほんの出来心なんだよ、、、それにしても、君のちん娘、しょっぱいね!まるで、塩辛だよ!塩辛ちん娘だね!、君のことこれから、塩辛ちん娘って呼んでいいよね!」

土性智紀「しかたがないですよね、それは。はは。」
「そう思うだろ!自分でもさ!」
「はい!」
    、、、「あぅ。」
土性智紀「ぼく、何度もイッちゃったじゃないですか、、、本当に迷惑な人だな。せっかくたまってたのに、、、、」

異臭にまみれた男が、シンナー吸ってぶつぶつと呟いている、、、勝呂文康「土性智紀くんに、ぼくのおてぃんてぃんかいて欲しいなぁ。」ぶつぶつ、、、、、ぶつぶつ、、、ぶうつぶつbつwろbpqbぴqにbんぴqんbぴqんbぴんrpびんqprbにbんqぴbんpんbpくぃんbpくぃん!」
勝呂文康は、頭が狂っていたのです。阿部敏則に娘をレイプされたからでした。阿部敏則はずっとずっと、隠していたのです。恩人の娘をレイプしたことを、、、

誰かの願いが叶うとき、ロクデモナイことが起きる。

佐藤秀貴レイプ犯の死体が燃えている夜に、、、滝田義雄レイプ犯は、変態会社役員になった。
福島敦子は、ペにスバンドをいつも身につけている。滝田義雄「僕のお尻の穴にペにスバンドがぁ、、、、、、」

永本芳生は、ちん娘がかゆくてしょうがないオトコである。
そのちん娘かゆいオトコが臭い息を吐きながら、もぞもぞとフケをこぼしながら排便するように喋っている。
「誰か俺のちん娘をしゃぶってくれ!!!!!!誰か、、、、誰か俺のちん娘を!!!!!!!!!あっそこの、趣味の悪い色のシャツ着てる今隆志でいいや。あああああ!!!!おい!おい!!そこのクズ、おれのちん娘、舐めろよ。おい!!!待て!!!!待てよ!!!!そこの、愛人殺し!!!!山谷真一、石橋憲人!!!!!おまえらのことだよ!!!!愛人殺し!!!!!!!俺のアナるにちん娘つっこめ!!よp!!!」

西田勲平の家族は全員犯罪者である。

永本芳生「誰か俺のちん娘をしゃぶってくれ!!!!!!誰か、、、、誰か俺のちん娘を!!!!!!!!!あっそこの、バカなツラした今隆志でいいや。おい、まぬけ!俺のちん娘、舐めろよ!!」

その犯罪者達に犯罪を仕込んだのが高島準司と言う、コンビニ店員である。

永本芳生「誰か俺のちん娘をしゃぶってくれ!!!!!!誰か、、、、誰か俺のちん娘を!!!!!!!!!北口克彦君は、俺のチンポくわえてくれたよ!!!!!!!!!だから、俺も、北口克彦のちん娘くわえてあげたんだ”!!!!!!」
勝呂文康の体臭は異常に臭い。そして彼は、人間の命を粗末にする。
汚いちん娘。それが、彼の生き方。彼は、男性をレイプもしくは、金で頬を叩いて、オトコのケツの穴にぶっ込む。

女子高生達「やややっy、ウンコがおちてる!!!!!汚い!!!!!ウンコの中で、一番汚いウンコよ!!!!!!ちん娘みたいな顔してるし!!小田祐司って言うウンコよ!!!!ウンコ見れば、名前がわかる、、、、何故かしら、、、、、この臭い、、、、言葉を持っている。」

勝呂文康は、踏ん張り始めた。汚いケツをしている。
ぶりりりぶううううううりりりりっりぃぃぃぃxぶううううううううううううぶぶっぶぶぅぅぅぅうぅぅりっりりりりいりっりりり!!!!!!!!そのけたたましい排便音と共に、小田祐司は生まれた。勿論ウンコまみれであり、彼の人生そのものがウンコである。ぶりりりぶううううううりりりりっりぃぃぃぃxぶううううううううううううぶぶっぶぶぅぅぅぅうぅぅりっりりりりいりっりりり!!!!!!!!小田祐司ぷぷっぷぷぷぷぷぷぷうぷぷぷぷpぶぶぶぶぶぶぶりりりりりりりrぶぶうぶぶぶ!!!!!!!!

勝呂文康「おおきいのでたよ!!!!!」その変態の声は、自慢げで、気持ち悪い変態そのものだった。
女子高生達は、そのウンコに向かって軽蔑の視線すら与えなかった。小田祐司(ウンコの名前)には軽蔑すらもったいないのである。

女子高生達「あのウンコしてたおじさん。ちん娘が、ウンコみたいだったわね。顔は便座みたいな顔してたし、、、沢庵臭かったし、、、、、、、わえあえあ、ははh、便座と沢庵に悪いわね。。。まったく、、そうね。」
山家恭介「俺はヒーローになりたいんだ。みんなから尊敬されたいんだ。悪を退治しなければならない。それが俺の生まれてきた理由なのだから、、、
この街の変態犯罪者達を俺は退治する!!!!!!」

坂本雄治「ぶりりりぶううううううりりりりっりぃぃぃぃxぶううううううううううううぶぶっぶぶぅぅぅぅうぅぅりっりりりりいりっりりり!!!!!!!!ぶりりりぶううううううりりりりっりぃぃぃぃxぶううううううううううううぶぶっぶぶぅぅぅぅうぅぅりっりりりりいりっりりり!!!!!!!!」
岡田達雄「あっやばい!ちょっとウンコでちゃった!」
坂本雄治は口からウンコをする。千田浩史は、そのウンコを口移しで食べる。坂本雄治は、ねずみ講を副業としている。千田浩史は、そのフンみたいなオトコだ。

勝呂文康(コンビニの入り口で野グソする男)は、いっつも臭い。その臭さは、まるで沢庵。そして、その沢庵はイヤミッタらしくよく喋る。そして、その話が本当につまらない。どこにでもいるようなヤツではないが、それはいい意味ではなく、悪い意味でだ。

坂本雄治は口からウンコをする。坂本雄治は、ねずみ講を副業としている。勝呂文康は、自分の股間の沢庵を坂本雄治の股間に突っ込んだ。
坂本雄治「ぶりりりぶううううううりりりりっりぃぃぃぃxぶううううううううううううぶぶっぶぶぅぅぅぅうぅぅりっりりりりいりっりりり!!!!!!!!ぶりりりぶううううううりりりりっりぃぃぃぃxぶううううううううううううぶぶっぶぶぅぅぅぅうぅぅりっりりりりいりっりりり!!!!!!!!もうだめぇえええええ。」

どこにでもいるような取るに足らない。しかし、自意識過剰でウザいヤツ。松本浩二が歩いている。歩いているだけでウザさが滲み出している。しまいには、パンツからウンコもはみ出している。松本浩二は、トイレに行ったことがない。いつも歩きながら用を足す。それは、松本浩二自身が常に愛に満ちあふれているからである。それ故に非常にウザい。本当にウザい。松本浩二と言うヤツは、掃いて捨てる程いるのに、いっこうにいなくならない。早くいなくなって欲しい。ゴキブリのようなオデコのテカり具合。松本浩二。ああ、松本浩二、早くいなくなれ。さようなら、松本浩二。
松本浩二「えっ!誰か俺のこと呼びました?俺のかっこいいウンコの仕方見たい?かっこいい俺のウンコの仕方が見たいって?ごめんさっき、焼き芋喰った後に出しちゃったんだよ!焼き芋ウンコをしちゃったんだよ、、、、あっごめん、焼き芋の前にカレーライス喰ってたから、カレーのウンコかもしれないよ。まあ、どっちでもいいか!だって君、ブスだから!プリウス売ってる、ゲキブスだから!君は、一生底辺プリウスゲキブス、俺は、死ぬまで、すかとろセレブ!」

ぶりりりぶううううううりりりりっりぃぃぃぃxぶううううううううううううぶぶっぶぶぅぅぅぅうぅぅりっりりりりいりっりりり!!!!!!!!
遠くから、聞こえる。

山家恭介「くりかえすが、俺はヒーローになりたいんだ。みんなから尊敬されたいんだ。悪を退治しなければならない。それが俺の生まれてきた理由なのだから、、、

この街の変態犯罪者達を俺は退治する!!!!!!沢庵臭いが、俺は我慢をする!!!!!!!」

その山家恭介が歩いて行く傍らの電信柱の影で、
ぶりりりぶううううううりりりりっりぃぃぃぃxぶううううううううううううぶぶっぶぶぅぅぅぅうぅぅりっりりりりいりっりりり!!!!!!!!
石橋憲人(変態コンシェルジュ)はいつものように全裸で野グソしていた。その隣では、野良犬がしょんべんをしている。

ぶりりりぶううううううりりりりっりぃぃぃぃxぶううううううううううううぶぶっぶぶぅぅぅぅうぅぅりっりりりりいりっりりり!!!!!!!!ぶりりりぶううううううりりりりっりぃぃぃぃxぶううううううううううううぶぶっぶぶぅぅぅぅうぅぅりっりりりりいりっりりり!!!!!!!!
勝呂文康は、それを写メで撮って、SNSに上げた。

ぶりりりぶううううううりりりりっりぃぃぃぃxぶううううううううううううぶぶっぶぶぅぅぅぅうぅぅりっりりりりいりっりりり!!!!!!!!ぶりりりぶううううううりりりりっりぃぃぃぃxぶううううううううううううぶぶっぶぶぅぅぅぅうぅぅりっりりりりいりっりりり!!!!!!!!ぶりりりぶううううううりりりりっりぃぃぃぃxぶううううううううううううぶぶっぶぶぅぅぅぅうぅぅりっりりりりいりっりりり!!!!!!!!

ぶりりりぶううううううりりりりっりぃぃぃぃxぶううううううううううううぶぶっぶぶぅぅぅぅうぅぅりっりりりりいりっりりり!!!!!!!!

その全裸男と犬(三上忠夫と言う名前の不健康な犬)がしょんべんをしている電信柱の脇の、とある飲食店の片隅で、、、

ぶりりりぶううううううりりりりっりぃぃぃぃxぶううううううううううううぶぶっぶぶぅぅぅぅうぅぅりっりりりりいりっりりり!!!!!!!!

緑川源治(埼京線車内で全裸になった男)が、自らのチン娘の皮をあぶって、温かいご飯の上にのせて、、、

仁木勝雅(レイプ犯)「その、食感が忘れられないんですぅう。」

緑川源治は本当に最悪のヤツだった。

しかし、周りにいるヤツはもっとどうしようもないヤツだったのだからしょうがないのかもしれない。

山谷真一(西田勲平の犯罪友達)は、自分の乳首に蟻を集らせて自慰行為をしながら、全裸で匍匐前進をしていた。そのビデオに緑川源治は阿部俊則と共に出演していた。もちろん、蟻役である。

寺崎明久(幾原 康一朗のケツの穴を舐めたがっている変態)はエホバマンションの住人達をレイプするのが習慣だった。なんの感情も持たない寺崎明久は繰り返しレイプするのみであった。

『性犯罪者に多い名前  14年連続で 前田宏』(第二位は滝田義雄)

神はすべてのナルシストに前田宏という名前をお付けになられた。自己愛に溺れる人間の目印としての名前。それが、前田宏。

エホバマンション管理人、前田宏(児童ポルノ販売会社勤務)は、平凡極まりない発想から生まれた一つの可能性である。

浅野光太郎「私のちんーっこが、わたしのnアナーールに入っていこうとする。なんてこった、わたしは私自身に中田氏しようというのか!はっはっはっはは。」ぶー「おならが出て、私のちん娘があまりの臭さに死んでしまった。ええーーーえーーんえーえーーーえーんえーえーーんえーえーえーんねーえーえーえんーん。」

前田宏「おい、光太郎何やってるんだ!散歩に連れてってやるよ!」

「あうぅーあうぅー、ちんちンしゃぶりたい。」
浅野光太郎は、今、犬として生きている。それが彼の生きる道。そして、、、その飼い主は、、、、

その可能性とは、おっちょこちょい。

前田宏は、とにかくおっちょこちょいである。

そして、自分の平凡さから抜け出しという想いから来るギャンブル依存。

つまり、前田宏はおっちょこちょいナルシストなのである。

滝田義雄「社内乱交パーティーも、もう飽きたな。今度はハチ公前でおなにいしようかな、、、あっ、前田宏だ!よし!やつに顔射しよう!!」

どどどどどぢゅ。前田宏「こ、濃いめだね!」

濃いめの精子ラーメン屋店長、草間清隆が「YEs YEs」と、自分のペニをしごいているすぐそばを、
君野康弘が歩いていました。阿部俊則と性交渉した帰りでした。幸せな気分でした。あんなに下品な性交渉をされたことはなかったのです。それが君野康弘にとっては嬉しかったのです。そして彼は犯罪者となったのです。阿部俊則と性交渉したものは、必ず犯罪者になってしまうのです。それも阿部俊則のような重度の変態性の犯罪者に、、、

強い雨が降っていた。道路も冠水している。まったく、道路整備局は無責任な奴らの集まりである。変態男性の集まる職場と言うアンケートでも、大差をつけてトップだった。犯罪者を多く排出している職場でもある。馬と性行為をしたことある人間が(伊藤康博、藤原元彦ほか)45パーセントだったと言うのは、ワイドショーでも何度も報道された。

中学生が、大人を殺したり、殺されたりするニュースの中でも、その変態たちの集団のことはまったく無関係のことに思えた。

テレビからは尚も、ワイドショーの五月蝿い音声が垂れ流されている。

「、、、下着メーカーの仕事をしている。モデルルームに行こう。」と声をかけて無理やりビルに連れ込み、首をなめるなどしたとしての伊久哲夫容疑者が逮捕されました。

栗山浩樹、飯田隆、落合誠一、友永道子、井手明子、上坂清、榊原定征、辻上広志は、バトミントン選手を違法賭博に引き込んだ人間だそうです。

Sアミーユ川崎幸町で短期間に3人が転落死、巻き添えに積和サポートシステムの親会社メッセージも株価転落。しかしこれは、巻き添えではなく自業自得なのではと、個人的には思います。

続いてのニュースです。今年も性犯罪者に多い名前が発表されました。
14年連続で、前田宏さんです。みなさん、これは、あくまでデータ上での話です。

今日の殺人犯は、神田晴夫です。彼は刑事でありながら一般人を殴り殺しました。

三省堂書店の店員はトイレに行った後、絶対に手を洗いません。

お伝えは平林龍一、東京自慰ハウスでした。私も昨日、自慰してから手を洗ってませんぇーーーーん!明日のゲストは、千田浩史ブルセラショップ買取担当さんでぇす!

川谷絵音のちんーこをしゃぶりたい!もう、しゃぶりたい!あきれちゃうよな!
川谷絵音のちんーこをしゃぶりたい!もう、しゃぶりたい!あきれちゃうよな!
これがほんとの両成敗 (合いの手 ドピュドピュドピュドピュ!)
川谷絵音のちんーこをしゃぶりたい!もう、しゃぶりたい!あきれちゃうよな!
川谷絵音のちんーこをしゃぶりたい!もう、しゃぶりたい!あきれちゃうよな!ドピュドピュドピュドピュ!」

アナウンサーの変態且つ常識的な見解と、外の雨が下品なオーケストラを演奏している中、マンションの一室で、変態行為をしている、男女いや、男性同士がいた。

我慢汁阿部、
そう呼ばれている男性、阿部俊則は、いつも我慢汁を垂らしているチン娘のような顔をして生きている。

そんな阿部俊則は、いつにも増して、高揚した陰茎フェイスで自分の乳首をいじくりまわし臭い息を吐き出しながら、しゃべっていた。

「俺はこう見えて、若い男の方が好きなんだ。はぁはぁ、清潔なら辻野秀信のようなジジイでも構わないよ。でも、一番は龍一くん。だって、僕のセンズリを手伝ってくれるんだよ。」
乳首がカチンこチンになっている、随分と興奮しているようだった。

龍一とは、平林龍一と言う性奴隷のことらしい。あんな、オンナ好きのどこが良いんだ。第一あいつは、梁 貞美って女のアレだしな。

「俺じゃ駄目ですか、、、」

喰い気味に、発してしまった。

阿部俊則「可愛いヤツだな、、、佐久間巧成くん。ちょっと、ちみの下半身を見せてみなさい。ちみのちんポこを、、、」
佐久間巧成の意識の中にある言葉たちが、世界を構成している。阿部俊則の清潔なチンポをくわえられる喜びを佐久間巧成は、噛み締めていた。
阿部俊則「痛い!もっとやさしく。おねがいだから。ぼく、乱暴なのは嫌なんだ。」

佐久間巧成は、情緒不安定なカマ野郎が、何言ってるんだと思ったが、今となっては自分も同じなんだと諦めた。
それにしても、自分もこの変態オカマガエルも、情緒不安定だ。
一体、いつになったら、俺は、まともな人間になれるのだろうか、、、、
あいつは、どうかな、、、、
かすかな記憶も霧のような遠くに感じることしか出来ない。

阿部俊則「イッイク!!」

佐久間巧成の口の中に、生臭さと、元からそこにあった、生暖かさが更に広がった。
「俺は、いつからこうなったのか、、、、人生が終わろうとしている時に思い出されることは、変態の道を歩んできたと言う悔しさでもなく、喜びでもなく、、、、

そう、、、、、
ありのままの自分だったと言うことか、、、」

佐久間巧成(プロフィール:先祖代々薬物中毒者)は、自分のケツの穴に男の指が入ってくるの感じた。
自分のインチキ臭いケツの穴に指を突っ込んでくるなんて、どんなヤツだと思ってその男の顔を見ると、その顔に見覚えがあった。

その顔は、初老の千田浩史(プロフィール:明るい口が臭いせどり薬物中毒建設者)だった。

その顔をみると佐久間巧成にあの時の記憶が蘇った。
そうあれは、私が童貞だった頃。童貞と言う言葉すら知らなかった頃の話。

冷たい、非常に冷たいオトコ、佐久間巧成は非常に冷たい人間である。
佐久間巧成は、千田浩史(凡人)の食べ物を盗んでいる。
千田浩史(極めて凡人)が本来受けられる筈の愛情も搾取し続けて来た。
佐久間巧成は、非常に嫉妬深くそれでいて落着きがない。
そして、嫌気がさす程の内向型人間である。
千田浩史と佐久間巧成は、古くからの友達だった。
と言うよりも、佐久間巧成には、千田浩史、以外に友人はいなかった。
特に仲がいいというわけではなかったが、佐久間巧成には千田浩史以外に傷つけられる人間がいなかった。
佐久間巧成にとって、世界は眩しすぎて、眩しすぎるあまりに、嫉妬の対象でしかなかった。
佐久間巧成は、基本的に人間はゴミのような存在であると思っていた。
佐久間巧成は、小学生の時からオンナを不潔だと思っていた。

それは、コンプレックスの裏返しである。
佐久間巧成は、ある女の子のことが好きだった。


ある時、その女の子が、千田浩史と一緒に下校しているのを目撃した。

それまで佐久間巧成は、千田浩史のことを、自分より下の人間だと思っていた。

しかし、その日から、佐久間巧成の世界は一変した。すべてが憎らしく思えた。

佐久間巧成は母親のカレーライスが大好きだった。

しかし、あの日から、千田浩史とあの娘が一緒に帰り道を歩いていたあの時から、大好きな母親のカレーライスも嫌いになった。

佐久間巧成は、この世の中に好きなものが一つもなくなってしまった。

たった一つの喜びもなくなってしまった。

佐久間巧成はそれから、感情がなくなってしまった。

「浩史、お前さ、つまんない顔してんだからさ。つまんなく生きろよ。それでも、お前は俺の、百万倍はしあわせなんだからな。」

佐久間巧成は、心の中でそう言った。

声を出すこと自体、佐久間巧成は、もうなくなっていた。

笑顔だけ取り繕うことも、なくなった。

もちろん心からの笑顔もなくなった。

佐久間巧成は、好きだったその娘を、後ろから押し、

好きだったその娘は、電車に轢かれて死んだ。

「やっと、平和だ。やっと世界は平和になったよ、浩史。お前もうれしいだろ。なあ、浩史。」

吉村博人は、それをそっと目撃していた。そして、それをネタにマスターベーションした。彼は人の不幸が大好きだった。人は勝手に不幸になるから、自ら手を下すことはしない。そして、起きた犯罪を自分が神であるかのように裁く立場に立つ。それが、彼のやり方だった。


彼は両親を軽蔑していた。教育だと言って、暴力を振るうからである。その行為はまったく無意味だと思っていた。だから、互いに傷つけ合うように仕組んだ。
父が浮気するように、そして、母がそれを軽蔑するように仕組んだ。仕組むと言っても、ただ良い子でいれば良いだけだった。すると、彼の両親は自動的に仮面夫婦になった。それを吉村博人は非常に喜び、その喜びによって精通した。




変態達の変態達の為の世界の解説書

変態が変態がである理由。その一例から世界の謎を解き明かす。

カオスとは解読すべき秩序である『対立の書』より




江口和子は、今日も電車に揺られている。

江口和子(罪を積み重ねていくタイプの変態)は、犯罪者である。
男性的過ぎる彼女は、男をグーで殴り倒す。

浅野光太郎(将来、ブオトコな上に嫌味で、口臭がドブ川のようになる。また、タイに旅行に行き少女買春を繰り返す変態になる。また、ナマだしした少女に金も払わず殴り殺したこともある鬼畜。常にヒステリーでその兆候は、小学生に上がる以前からあった。頭に血が上ると冷蔵庫にある卵をすべてを割ってしまう。その罰として、彼の朝食には卵料理が出たことが皆無である。)は中学一年の時に、担任の教師であった江口和子に、来る日も来る日もひたすら殴られ続けていた。

その時、彼は脳に損傷を負い、緑色を見ると勃起するようになる。

江口和子「おめぇの父親は、私を抱いてくれない!あめwの父親は、私をだいてくらない!あああああああ!あのぶすすすっすすすすs、めすぶたのここここここおおおおどもの、おまえを、、、、きたないおまええええええを、、、、、
ゆるさない!!!!!!!!!!!へけうふけつふけっっっっt不潔!!!!!!!!な、浅野光太郎!!!!!!!」


江口和子は、今日も電車に揺られている。



浅野光太郎(父親がスリだった為に、身なりだけは大人になってからもしっかりしていた。しかし、その根性は、半年間まったく洗われていない、高校生の体育着のように汗臭く欲望と失望に満ちあふれていた。)は、その殴られている間に、精通した。彼は、それ以来、殴られないと射精できない身体になった。

彼は、その恨みと曲がった性の喜びを、晴すべく、ド変態DV野郎の佐藤拓也(言うまでもなく変態 変態度は普通だが他に特徴がない分 変態部分が極まっている虚無感タイプ すぐ性病にかかる為 常に感染源 そのくせゴキブリのような繁殖力)を彼女のもとに送り込んだ。


報酬は自分のケツの穴。


あれから、数十年の時が流れた、、、


人生の道の半ばで正道を踏みはずした私達、、、

右田順三(裏ビデオ販売員)は、ぼんやりとヤニを吸っていた。本当は大麻を吸いたかったが、娑婆で吸うわけにはいかない。ましてや毎日のように訪れる、この薄気味悪くも居心地の良いこの喫茶店では、吸うわけにはいかない。

カランコロン、長寿番組を失ったテレビの音がひと時遮られ、そこに男性二人が入って来た。
二人とも中年か、初老か、その辺りの二人組だった。
右田順三(使用済みの女性ものの下着しか身につけたことがない変態)は、一瞬、二人に目をやったが、すぐに目を切った。当たり前だが女でなかったからだ。

浅野光太郎(ヒステリー)は、アイスコーヒーとバナナケーキを注文した。今隆志(黒い交際)は、カレーライスとホットコーヒー。二人には、なんとも言えない空気が漂っていた。
外は晴れてもいなかったし、雨が降っているわけでもなかった。

右田順三は、今夜はどこの店に女を頼むかぼんやり考えていた。ペニスの先が薄く濡れていた。

この物語は、事実とは異なるが、真実そのものである。

岡田達雄は、女性の下着を盗むことばかり考えていた。でも出来なかったから、近所を歩いていた田中善秀のパンツを無理やり脱がして、それを被って紛らわした。パンツを脱がされた田中善秀は、それを喜んでいた。

今を生きる孤独な人間の典型例『俺』山内雅喜(ギャンブル依存症、自己破産歴あり)が語る物語。ギャンブル依存症の共通点は、自分のSEXに自信がないこと。
俺は、ついにある真実に辿り着いた。すべての犯行の共通点。それは、すべての犯行現場が、今隆志と言う男が販売担当した、マンションの一室であったと言うことだった。

栗生俊一の全裸ダンスタイム(45分間)

江口宏は、それを見て、射精を繰り返す。
その射精を見て、得能英夫も射精を繰り返す。
その間にも、吉井一典(電子専門ペニス)、渡辺朱美、辻野伊都香(変態K田)は、毎朝、自らの糞丼を喰らいMAST。

栗生俊一の全裸ダンスタイム終了

稲垣士郎は薬物中毒者である。

岡田達雄不法投棄犯の言葉は、いつも、空しい。
「三浦雄一郎なんて、ただのレイプ犯なのに、、、俺は真面目にカネ出してオンナ買ってたのに、、、大麻所持で捕まるなんて、、、」

中野啓吾「ああ、今日も俺は口が臭いな、、、坪井博一よりも臭いかもな、、、でもあいつは、ヤク中だからな、、、、」

坪井博一(ネズミ講)は、『千田浩史&緑川源治』と言うマニア向けの変態ビデオを撮ったことがあった。彼自身も出演?(乱入?)している。伝説の変態ビデオ監督としてマニアの中では知られている?と言うか、、、撮影そっちのけで、自分のちん娘をしゃぶらせるので酷い評判である。そして、坪井博一(武藤貴也のちん娘写真販売員)は、45歳の誕生日に、生きて行く為にと、自分の娘(岡田崇司の大ファン)の使用済み下着や汚物などをネットオークションで販売すると決心した。そして、その最初の客が伊藤健一(横領)だった。伊藤健一(ネズミ講)の一族は、全員が変態ネズミ講で、常に使用済み下着を所持していなければ、息が出来ないと言う特異体質だった。結果だけ言ってしまえば、坪井博一(田窪洋士と肉体関係したいだけのオトコ)は娘に殺された。

今隆志(高嶋美里の排便DVDを持っているオトコ)は、変態事業部長として、坪井博一(変態パーティー主催者)の娘をレイプすることに決めた。

しかし、あっけなくやり返され、今隆志は、死刑判決を受けることになり、即日施行された。死刑が即日施行されるのは非常に希である。

栗生俊一「あああ。俺のうんこを食べて下さい!お願いします!俺、自分のうんこを食べてもらってからじゃないと、夜、眠れないんです。青柳幸一と涌井史郎は、学生を性接待に利用している。」

森下一喜は臭い。そして、性格が意味不明。変態野球が大好き。


柴田和章は、いつも駄菓子ばかり食べている。そしてよくこぼす。食べ方が下品である。
柴田和章「おれの体験談だけど頭が悪いなあと思うやつは必ず煙草を吸っている。」
そう言いながら、また魚肉ソーセージをこぼしながら食べている。西田勲平は、そのこぼしカスを鬼頭に塗りたくっている。

柴田和章「栗和田榮一は、ぼったくり。宇野総一郎と、よく似たぼったくり。渡辺宏聡が主催だと!!!アイツは、そんなタマじゃない。アイツは生まれた時から死体みたいなオトコだよ。宮田建築は、ジャムパンを食べながらハナクソをほじくるのが大好きなようだが、それ自体は違法ではない。皆川新子は煙草くせぇなぁ。大庭則一と吉田憲五は、学生を性接待に利用している。梁 貞美と小田祐司は、麻薬販売部所属。平林龍一は、麻薬販売東京ハウス勤務。阿部俊則自慰社長は、元女装センズリ事業部長。 西田勲平と吉村博人は、愛人殺し。千田浩史、辻野伊都香は、異常変態 ...小田祐司って誰だよ!」
そう言いながら、自分のちん娘をいじっている。

辻野伊都香は、毎日のように、小学生高学年の児童をレイプしていた。

大庭則一は、毎日、路上に落ちているウンコを捜していた。それを食べる為にである。

西田勲平「駅前でナンパしてこい!」下貞二「寮にデリヘるを呼べ!宮岡成次レイプ犯みたく、俺のペーーニス!!!しゃーーーぶって!!」
今日も、また変態達の声がこだましている。

伊藤健一レイプ犯に気をつけなさい。

金塚公彦不正キャッシュバック犯は、不潔。

萩島宏「寺崎明久がレイプ犯だなんて、、、、そ、、、、それは、、、、おかしい、、、、だって、、  か、彼は、、、、寺崎明久は、、、、、インポだぞ!!!!!!!!!!!」
寺崎明久「えええええええええつ!!!!俺がインポ?!俺はインポだったのか!!!」

そして、物語は、思わぬ展開を見せるのであった。


宮岡成次レイプ犯は、麻薬販売部所属。
山谷真一(Tバック愛好家)「なぜなんだ、、、、なぜ、、、天空の城は堕ちたのか、、、、理論的には、、、、その可能性はゼロだった筈、、、、」
岡田達雄(Oバック愛好家)「ペーニス、お尻の穴に、、、いれーて下さい!」


鈴木俊(常に半ズボンを履いていて、横チンしているオトコ)「人生の道の半ばで正道を踏みはずした私達、、、」


右田順三(裏ビデオ販売員)の顧客であった石橋憲人の死体が浮かぶ街で、究極のサディスト渡辺朱美は生まれ育った。

究極のサディスト、渡辺朱美(とにかく常に煙草を吸っていたい女)は、また幼児を虐待している。

渡辺朱美はいつものように、幼児に向け、自分の吐く煙を浴びせている。

宮田昇(会社に入った時「お前は嘘つきにならなければ生きて行けない」と言われ、そのことを守る為と言って子供の貯金箱から自分のタバコ代をくすねる卑怯者でバカ) は、家族殺し。


渡辺朱美は、自らの性器に、宮田昇の家族の死体の指を入れマスターベーションしながら、、、






渡辺朱美「涌井史郎のペニスは臭いなー。本間公悦(調布市幼女レイプ犯)の三十九歳から四十六歳までのレイプ三昧は有名な話でしょ、、、、ウンコ食っべよ!」

渡辺朱美は飼い犬のウンコを主食にしている。

そして、自分のウンコをファンデーションとして使用する。

ソープランド評論家、藤原元彦氏は語る、「あいつの性欲は本当にすごい。俺のもう勃起しないちん娘をしつこいぐらいにデコピンしてきたんです。ちんピンですけどね。ちん娘だから。」






加虐性欲者渡辺朱美の発言
「涌井史郎は自分のゼミの学生を、自分の会社の性接待に利用している。」

「吉井一典が所属している全ての会社は、乱交パーティーをしたい者同士をつなぎ合わせる裏業務を行なっている。」

「今隆志が販売したマンションに住む人間は必ず不幸になると言う。」

「仁木勝雅は、不倫と浮気が大好物。」



今日も、誰かの叫び声が聴こえる。

志村一弘の声だ。美しく、悲しく、そして無表情な声だ。

「 宇野総一郎死ね!!!!宇野総一郎死ね!!!!宇野総一郎死ね!!!!宇野総一郎死ね!!!!宇野総一郎死ね!!!!宇野総一郎死ね!!!!宇野総一郎死ね!!!!宇野総一郎死ね!!!!
宇野総一郎変態監査死ね!!!!
宇野総一郎変態監査死ね!!!!
宇野総一郎変態監査死ね!!!!
宇野総一郎変態監査死ね!!!!

ついでに、橋本俊も、死ね!!!!!!!!!!!!!」

志村一弘は、生まれてから死ぬまで、同じことしか言っていなかったように思える。悲しい男だ。

宇野総一郎と言う名の人間など最初からいない、それは、お前の見た幻想だよ。
橋本俊と言う男は、お前の前の女房に殺された哀れな糞オヤジのことだったと思うがな、、、、
どちらにしろ、お前や、私が知っている人間なんてモノは、最下層人間である、お前や私が造り出した、幻想のゴミ人間さ。いわばハエだよ。ハエ。

そのハエ。



そのハエと性交した女。






渡辺朱美は、



自分の鼻の上に止まった、ハエを見つめて、なにかに気がついたようだった。
「ああ、言い忘れてたけれど、、、落田重雄は、感情的で頑固者で、ヒステリーで、性欲旺盛。」
渡辺朱美は、思いっきり息を鼻から吸い込んだ。すると、鼻の穴にハエが一瞬にして吸い込まれた。「ああ、これ、今日のおやつ。ハエは私のおやつ。」

そう言うと、渡辺朱美は汚らしいゲップをした。

それは、落田重雄のものにそっくりだった。

そう彼女、いや、この化け物は、落田重雄の体を食べていたのだ。

床には、落田重雄の汚らしいブリーフが放置されていた。

そのブリーフの、疲れ切った臭いを、今だに忘れることが出来ない。















「寺崎明久は、インポだから、、、」

渡辺朱美は、空を見上げながら、そう呟いた、、、、




そして、山家恭介は、阿部俊則をめった刺しすることに成功した。



山家恭介は、ついにヒーローになったのだ。




交警背安裝假肢老人過積水路面


月の光に照らされて、今宵も変態達が、独善的な想いを大きくさせている。その欲望の先端から、臭く、甘い液体をたらし、濡らしている。この世の中に生きるものは、すべて変態。何故なら、ここに書かれている人の皮を被った動物は勿論のこと、これを読んでいるあなた方も、、、クズのような変態だから、、、しかし、どんな変態と言えども、心の中にはいつも...... 風の谷の天空の城があるのです。変態にも生きる理由、希望があるのです。それが、命と言うものですから。






過積水路面ユートピア 完

嶋屋宏則レイプ犯は、今だに捕まっていない。



ブックマーク|教える

SNSアイコン描きます

すべてのAmazonキチガイへ捧ぐ そして伝説へ 過去を乗り越えるため


©フォレストページ