海南

□耳伸ばし
1ページ/2ページ


私の特技!

それは耳たぶが伸びること!!











小さい頃から耳を触るのが癖でなかなか治せず、今に至る。


今日も授業中に耳を触ってたら、後ろから声をかけられた。




「耳、柔らかすぎじゃないか?」

「人よりは柔らかいかもね。耳の穴に耳入るよ。」

おもむろに耳を折り曲げる。

「ほらっ。」

「あー…なんだか胸がもやもやな気分だ。」

「なんだそれ…ちなみに耳たぶも伸びるよ、ほらっ。」




「うをっ!!!」


うわー、すごく目を輝かせてるよ。こんな牧くん珍しい。


「触ってもいいか?」

「あ、ぅ、うん。どうぞ。」

まさかこんなこと言われるなんて思ってもみなかった。


「よし、触るぞ。」

小刻みに震える指。

たかが耳を触るくらいで、そんなに緊張しなくてもいいのに…。



ふにっ

牧くんの指が耳に触れた。

「柔らかっ。伸ばしていいか?」

「どーぞ。」


みょーんっ


「うわっ!伸びたっ!!」


すごい感動してくれちゃって、牧くんはオモチャを手に入れた子供のような笑みを浮かべてる。



「あぁ、すごいな。これから、おまえの耳は俺専用な。」


「そんなに楽しい?」


「おまえに触れられるから嬉しい。」









あとがき→
次へ

[戻る]
[TOPへ]

[しおり]






カスタマイズ


©フォレストページ