海南

□先輩の悩み事
2ページ/3ページ


俺は清田信長!

我が海南バスケ部が誇るスーパールーキーだっ!

そこ!自称だろ。って言うな!実力だ、実力。



そんな俺にはすごく尊敬している先輩がいる。

神奈川MVPにも選ばれるすげぇ先輩だっ!!

だが、その先輩が最近おかしい。

部活中にらしくないミスを連発するわ、何やら上の空だったり…

もしかして具合でも悪いのか?!
それとも重大な悩みでもあるとか…

どちらにしろ、尊敬する先輩の一大事だ。
俺がなんとかしてやりたい!









まずは何に悩んでいるのかを探さないといけない。

というわけで牧さんを観察中だ。




「…。」

「…ぶ。」

「のぶ!!」





「ぁっ!」


振り返れば神さんが意味深な顔をしていた。


「何してんのさ?ここは3年生の棟だよ。しかも牧さんの教室前…」

「あ…いや…。」

「用あるなら一緒に行こうか?」

「用はないっす!」

「じゃあ、なんでいるのかなぁ?」


ヴ…なんてゆーか、無言のプレッシャー…
仕方ない。神さんには言っておこう。


「実はすっね、最近の牧さんはおかしいなと思って偵察を…」

「なるほどね。たしかに牧さんおかしいけど、放っておけば大丈夫。大体の原因は分かってるからね。」


えぇっ!なんてこった!
毎日偵察をしている俺より神さんのほうが分かるなんて…


「神さん、そのー…原因てのは。」

「んー。」

「はぐらかさないで教えてくださいよ。」

「もう少ししたらね。2人の邪魔をしたくないからさ。」

「2人?」


ハテナが浮かぶ俺の頭。
神さんはニコニコ笑って「そのうちね。」と言うだけで何も教えてくれなかった。






「のぶー。早く戻らないといくら鈍感な牧さんでも気付くよ。
頭に鉄拳は嫌でしょ?」

「当たり前っすよ!待ってください神さーん!!」







それから数日後、コートの隅でハンドボール部の女子と話している牧さんの姿にやっと気付かされたんだ。
いつもは見せない穏やかな表情。
色恋沙汰には疎い俺だが、この光景を見ているだけで分かっちまった。


牧さんはこの人のことが好きなんだ───……










あとがき→
次へ
前へ

[戻る]
[TOPへ]

[しおり]






カスタマイズ


©フォレストページ